October 30, 2013 / 5:59 PM / 6 years ago

トルコ原発、国営電力会社35%出資 残りは日仏企業連合=エネルギー相  

[イスタンブール 30日 ロイター] - トルコ黒海沿岸のシノプ地区に三菱重工業 などが建設を予定している原子力発電所プロジェクトについて、トルコのユルドゥズ・エネルギー天然資源相は、トルコ発電会社(EUAS)が約35%を出資するとの見方を示した。

日本とトルコは前日、同国2カ所目となるシノプ原発について、技術的な交渉を終え、事業化可能性調査を開始すると明らかにしている。

同エネルギー相によると、残りの約65%については、原発建設に関わる企業間でどのように振り分けるのか日本側が決定する。

原発建設を担当するのは、三菱重、伊藤忠商事 、仏GDFスエズ の日仏連合3社。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below