Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(5日)
2013年11月5日 / 07:17 / 4年後

東京マーケット・サマリー・最終(5日)

[東京 5日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
  午後5時現在  98.22/24  1.3489/93  132.50/54
  NY午後5時 98.60/63  1.3514/16  133.24/28

    午後5時のドル/円 は、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べてド
ル安/円高の98円前半。前週末から2度にわたって99円トライに失敗しドルの上値の
重さが意識される中、仲値公示前から輸出企業のドル売りが出た。午後には日経平均株価
 のプラス圏浮上で持ち直したが戻りは限られた。豪ドルは、豪中銀の通貨高けん
制で軟調に推移した。

    レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14225.37円(23.80円高)
         14141.82円─14323.24円
 東証出来高   26億2541万株
 東証売買代金  2兆1364億円
    
    東京株式市場で日経平均は3日ぶりに小反発。朝方は国内連休中の米国株が上昇した
ほか、為替が円安方向で落ち着いていることから幅広い銘柄に買いが先行。一時は前週末
比121円高まで上昇した。為替が対ドル、対ユーロで円高に振れたことで、日経平均は
一時下げに転じたが、下値は限られた。TOPIXは小幅に3日続落。国内企業決算を受
けて強弱感が対立しているという。
    
  東証1部騰落数は、値上がり806銘柄に対し、値下がりが810銘柄、変わらずが
141銘柄だった。
  
    レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時58分現在

 無担保コール翌日物金利                0.072%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年9月限)    99.790(+0.005)
                安値─高値     99.785─99.790
    
    無担保コール翌日物金利は0.07%中心での取引。主な取り手は地銀、信託など。
資金需給は不足地合いだが、当座預金残高が100兆台の高水準を維持し、資金ニーズは
限られた。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートは低下基調。日銀による国
庫短期証券の買い入れオペのスタート日となることが影響した。日銀がオファーした8日
物の米ドル資金供給オペに応札はなかった。
    ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。中心限月2014年9月限は99.790。

    レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)   144.97(─0.10)
                安値─高値   144.96─145.08
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.600%(+0.010)
              安値─高値     0.600─0.595%
    
    国債先物は軟調。あすの10年利付国債入札を控え、ヘッジが先行。中盤以降も売り
が優勢で軟化した。後場も調整地合いとなり、総じて弱含みで推移した。現物債にも入札
を意識した業者の調整が入り、長期ゾーンの利回りに上昇圧力がかかった。利回りで0.
6%台、アンダーパーで入札を迎えたいとする声が聞かれた。中期ゾーンには益出し売り
が見られたほか、一時押し目買いが入った超長期ゾーンもさえない展開となった。日銀が
オファーした国債買い入れオペは、残存10年超が甘い結果だった。短期ゾーンは横ばい
。
    国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比10銭安の144円97銭。10
年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp高い0.600%と10月30日以来の0.
6%台を付けた。

    レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 6.0─6.5bp
 銀行債(みずほ) 5年 13─14bp
 地方債(都債) 10年 7.0─7.5bp
 電力債(東電)  5年 320─350bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ20 に93.5─96ベーシスポイント(bp)と、横ばい圏の
気配が観測された。3連休明けに加え、第2・四半期の米国内総生産(GDP)や10月
米雇用統計といった重要指標の発表を控えていることもあって、積極的に取引するまでに
至らなかったという。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時42分現在の気配)

       2年物 0.27%─0.17%
       3年物 0.29%─0.19%
       4年物 0.34%─0.24%
       5年物 0.40%─0.30%
       7年物 0.55%─0.45%
      10年物 0.81%─0.71%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below