Reuters logo
シリア和平会議の日程まとまらず、イラン参加めぐり米ロが対立
2013年11月5日 / 21:42 / 4年後

シリア和平会議の日程まとまらず、イラン参加めぐり米ロが対立

[ジュネーブ 5日 ロイター] - シリア和平会議に関する協議は5日、会議へのイランの参加の是非などをめぐり米国とロシアの意見がまとまらず、日程の決定は先送りとなった。

国連・アラブ連盟合同のブラヒミ特別代表は「会議日程をきょう発表することを望んでいたが、残念ながら実現しなかった」と明らかにした。

シリア主要反体制派の指導者は、アサド政権の支援国であるイランが和平会議に出席する場合には、参加しない考えを表明した。

だがロシアのラブロフ外相は「シリア情勢に影響を与えるすべての関係国は当然、会議に参加すべきだ」とし、「参加国には、アラブ諸国だけでなくイランも含まれる」と主張している。

サウジアラビアと米国はともに、イランの会議参加に反対の立場だ。

またブラヒミ特別代表は「反体制派内部も対立している」として、まだ用意が整っていないとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below