November 6, 2013 / 6:42 PM / 6 years ago

米FRB、量的緩和継続には慎重期すべき=クリーブランド地区連銀総裁

[6日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のピアナルト総裁は6日、米連邦準備理事会(FRB)は資産買い入れを継続するに当たり、慎重を期すべきとの見解を示した。経済動向が不透明であると同時に、量的緩和策に関する経験が乏しいためとしている。

総裁は講演原稿で「景気回復が加速し、米連邦公開市場委員会(FOMC)が資産買い入れプログラムの縮小開始に必要な確信を得ることを望んでいる」と指摘した。

その上で「現時点においては、リスクはまだ概ね理論上のものにすぎないが、資産買い入れ拡大に関して慎重であるべきとの考えは変えていない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below