November 7, 2013 / 3:32 PM / 6 years ago

UPDATE 2-第3四半期の米GDP速報値、前期比年率+2.8%に加速 在庫寄与で予想上回る

* 予想の2.0%増上回る
    * 個人消費支出・民間設備投資は鈍化
    * 在庫や輸入の減速が押し上げ

 (内容を追加しました)
    [ワシントン7日 ロイター] - 米商務省が7日発表した第3・四半期の国内総生
産(GDP)速報値は、年率換算で2.8%増となり、2012年第3・四半期以来の高
い伸びとなった。前期の2.5%増から加速し、エコノミスト予想の2.0%増を上回っ
た。
    ただ、詳細を見ると強さに欠く内容となった。
    最終需要の伸びが1.7%にとどまり、エコノミストの間では、この水準では連邦準
備理事会(FRB)が量的緩和を縮小するには不十分との声が聞かれる。
    また、在庫変動による押し上げが0.83%ポイントと大きく、これを除くと成長率
は2.0%になる。
    さらに個人消費支出と民間設備投資が大幅に鈍化し、FRBの緩和縮小見送りを正当
化する形となった。
    経済活動の3分の2以上を占める個人消費支出は1.5%増と、2011年第2・四
半期以来の低い伸びとなった。前期は1.8%増だった。
    消費の鈍化は、夏季の気温が低かったために電力需要が弱くなったことが1つの要因
だが、第3・四半期に雇用の拡大ペースが鈍化したことで消費が抑えられた面もある。
    消費支出の鈍化によって企業は在庫の削減を迫られる可能性があり、そうなれば第4
・四半期の成長率が押し下げられることなる。
    ゴールドマン・サックスのエコノミストは、在庫変動の影響を踏まえて第4・四半期
GDPの伸び率予想を従来の2%から1.5%に下方修正した。
    
    景気の短期的な見通しがそれほど明るくないため、FRBは資産買い入れプログラム
の縮小を来年に先送りするとみられている。
    バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのエコノミスト、ジョシュア・デナーレイ
ン氏は「FRBが縮小を開始する前に確認したいとしている成長加速は、依然みられない
」と指摘した。
    
    景気の見通しが不透明なことから企業は雇用を増やすことに慎重で、設備投資も抑制
している。
    民間設備投資の中でも、機器への投資は2012年第3・四半期以来の減少となった
。
    ただ、住宅を除く構造物への支出は、2四半期連続で増加した。
    
    一方、輸入の伸びが鈍化したことで貿易赤字の拡大が抑えられ、成長率を押し上げた
。貿易の寄与度は0.31%ポイントだった。
    
    政府調達は、州・地方政府の増加が寄与し1年ぶりに増加した。ただ、連邦政府の支
出は前四半期に続いて減少した。
    
    住宅投資は、住宅ローン金利の上昇にも関わらず、大幅な増加となった。
    
    年初からの財政引き締めで米経済の上半期の成長率は1.8%だったが、緊縮財政の
重しが取れることで、成長率は第4・四半期に加速すると従来は予想されていた。ただ、
10月の政府機関の閉鎖が悪影響を与えそうだ。
    メシロウ・フィナンシャルの首席エコノミスト、ダイアン・スウォンク氏は「民間セ
クターは夏にかけて鈍化し、10月の政府機関の一部閉鎖の影響に対する緩衝材の役割を
十分に果たせなかった」と指摘した。
    
    
    米商務省が発表したGDP統計は以下のとおり。
    
(前期比%、年率、季節調整後、ドル=2009年・連鎖ベース)
    
                   Q3-A       Q2     2012 
GDP                  2.8      2.5      2.8
最終需要                 2.0      2.1      2.6 
国内最終需要           1.7      2.1      2.4
PCE価格指数               1.9     -0.1      1.8 
コアPCE価格指数              1.4      0.6      1.8
PCE価格指数(市場ベース)   2.0     -0.3      1.8 
コアPCE価格指数(市場ベース) 1.4      0.5      1.8
    
GDP価格指数          1.9      0.6      1.7
デフレーター                1.9      0.6      1.7
個人消費支出                 1.5      1.8      2.2
 耐久消費財                   7.8      6.2      7.7 
 非耐久消費財                 2.7      1.6      1.4 
 サービス                   0.1      1.2      1.6
    
民間設備投資                 1.6      4.7      7.3
 構造物             12.3     17.6     12.7 
 機器              -3.7      3.3      7.6 
 知的財産/ソフトウエア     2.2     -1.5      3.4
民間住宅投資               14.6     14.2     12.9
輸出                    4.5      8.0      3.5 
輸入                      1.9      6.9      2.2
政府調達                   0.2     -0.4     -1.0 
 連邦                     -1.7     -1.6     -1.4 
 州・地方                       1.5      0.4     -0.7
    
(単位:10億ドル、季節調整後、年率ベース、ドル=2009年・連鎖ベース)
    
                   Q3-A        Q2         2012
GDP              15,790.1    15,679.7    15,470.7 
最終需要             15,694.5    15,616.2    15,403.2
国内最終需要        16,107.4    16,041.0    15,835.2 
個人消費支出           10,732.3    10,691.9    10,517.6 
 耐久消費財           1,348.5     1,323.2     1,246.7
 非耐久消費財           2,347.1     2,331.7     2,296.8 
 サービス             7,053.4     7,051.5     6,982.7 
    
民間設備投資                 1,979.2     1,971.3     1,931.8
 構造物             437.3       424.8       421.6 
 機器              921.2       929.9       905.9
  知的財産/ソフトウエア     621.7       618.3       605.8
民間住宅投資              504.0       487.1       433.7 
在庫変動                86.0        56.6        57.6 
 農業部門                22.5        19.5        -7.2 
 非農業部門          59.2        32.7        68.7
純輸出(財・サービス)       -413.2      -424.4      -430.8 
 輸出                  2,020.8     1,998.4     1,957.4 
 輸入               2,434.0     2,422.9     2,388.2
政府調達              2,906.0     2,904.5     2,963.1 
 連邦              1,163.2     1,168.2     1,220.3 
 州・地方             1,742.5     1,736.0     1,742.8 
    
エコノミスト予想(ロイター調査)
 GDP       +2.0 pct
 最終需要      +1.8 pct
 デフレーター    +1.4 pct
 コアPCE価格指数 +1.5 pct

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below