December 16, 2013 / 10:48 AM / 5 years ago

〔アングル〕M&Aバンカーの「ゆるキャラ」転身、Jリーグ優勝を後押し=サンフレッチェ小谷野氏

[広島 16日 ロイター] - 今月7日、サッカーJリーグ1部(J1)で劇的な逆転優勝と2連覇を果たしたサンフレッチェ広島。同チームのもう一つの話題は、今年1月からクラブの経営を率いている小谷野薫氏(50)の存在だ。ダーク・スーツに身を固めたインベストメントバンカー出身というお硬い経歴とはうらはらに、同氏の柔和な風貌と個性がサポーターの人気を呼び、本人の困惑をよそに、ついにマスコットキャラクターまで登場した。

株式会社サンフレッチェ広島の代表取締役社長に就任したのは今年の1月。組織立て直しの収益拡大策を模索する中で、観戦に訪れたサポーターと積極的に会話を交わし、どうしたらシーズンパスの売れ行きが伸びるか、自ら意見を求めることもある。

「気づきはいっぱいありますよ」。サポーターとの会話から受ける刺激は少なくない。自身をモデルにしたクラブのマスコット「こやのん」をつくることもファンからのアイデアだった。

日本全国を覆っている「ゆるキャラ」ブームの中でも、現役の人物をモデルにした例は珍しい。「こやのん」は、ぽっちゃり顔にタレ気味の目元、きれいに分けた髪型など、ひと目で小谷野氏がそのモデルとわかる。ファンの期待通り、ゆるキャラ「こやのん」は登場と同時にブレークし、サンフレッチェ広報によると、9月21日の試合前には300個のキーホルダーを26分で完売した。

「こやのん」ブームは、クラブの経営を担う小谷野氏にとって思いがけない朗報だった。選手たちの華やかなプレーの陰で、クラブ運営の収支に苦しんでいるのはサンフレッチェも例外ではない。今年からJリーグでは、3年連続で赤字を出したり、2014年度に債務超過になったクラブはリーグ参加の資格を失うというルールを導入した。サンフレッチェ経営陣にも投資家の視線は厳しく、前任社長が辞任した理由も累積損失を解消するための減資をしたことが理由だった。

自らが「こやのん」のキャラクターになったことについて、小谷野氏はリスクを取っていると言う。社長が露出することでチームの経営方針にブレが出てしまうという批判が出ることも考えられるからだ。

「チームの負けが込んだらいろんなこと言われるだろうし、だだそれは覚悟の上で仕事にまい進するしかないね」と同氏は言う。

小谷野氏が社外取締役として最初にサンフレッチェに加わったのは昨年4月。東京大学を卒業後、野村総合研究所 に入り、その後、金融界で一貫してM&A(企業の吸収合併)を手がけてきたバンカーとして、サッカークラブ経営への参加は人生の大きな転機となった。

投資銀行家としての経歴は、シティグループ 、クレディ・スイス・グループなどに及び、クレディ・スイス時代には王子製紙から敵対的買収を仕掛けられた北越紀州製紙 のアドバイザーを務めたことがある。

2009年にクレディ・スイスを退職してコンサルティング会社を設立。その後は投資銀行時代からのクライアントだったエディオン の久保允誉代表取締役 社長兼会長(サンフレッチェ広島取締役会長)とのつながりができ、予想もしなかったサッカークラブ経営への扉が開いた。

「私がインベストメントバンカーだった時はビジネスをぎりぎりのところまでコントロールしていこうという気持ちがあった」。小谷野氏は、いかにディールを取って、どう動かすかに力を注いだと言う。

「でも今は天候や試合の勝敗そのものなど手の届かないところにあるものが多い。だから起きてしまったことについて次どうするか、何がベストかと考える気持ちが強くなった」と自身の変化を語る。

バンカー時代の趣味のひとつは、空いた時間にJリーグの各クラブの財務諸表を分析して、彼らの弱さと攻略の機会を探ること。それがいつの間にかサッカーチームの社長として自分の仕事になり、自らも「ゆるキャラ」モデルとして収益拡大に貢献している。

「こやのん」キャラクターの提案を受けたとき、これなら幅広いファン層に受け入れられると直感的に思ったそうだ。

「これで話題になってね、チームの話題につながればおもしろいかなと思ったんだよ」と小谷野氏。「こやのん」グッズを買うファンが、ついでにと他の商品も買ってくれる。サンフレッチェのウェブサイトから購入するファンがいればサイトのページビューも増える。

元バンカーからゆるキャラモデルへ、無理をしない自然体経営が功を奏しつつあるようだ。 (藤田淳子 編集:北松克朗)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below