December 20, 2013 / 7:19 AM / 5 years ago

UPDATE 2-EU長期格付けをAAプラスに引き下げ、予算交渉難航するリスク=S&P

(内容を追加しました)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は20日、欧州連合(EU)の長期格付けを「AAA」から「AAプラス」に引き下げた。加盟国間の団結力が低下し、今後のEUの予算交渉が難航するリスクを指摘した。

S&Pはここ数カ月、複数のEU加盟国の格付けを引き下げていた。

S&Pは声明で「現在28カ国となったEU加盟国の全般的な信頼性は低下したと見ている」とし、「EUの予算交渉での意見対立が増えており、一部加盟国のEUへの支持が弱まるリスクの高まりを示唆している」とした。

EU加盟国間の結束は弱体化し、一部加盟国が将来的にEU予算拠出を拒む可能性があると指摘。比例配分方式で割り当てられた予算を拠出し続けることに対する一部加盟国のコミットメントに対する懸念を示した。

S&Pは声明の別の部分で英国に言及。同国はこれまでEU予算を拠出しないとの方針を示唆したことは一度もないが、2017年にEU離脱の是非を問う国民投票を実施する。S&Pは同国民投票はEU内の金融安定を悪化させる恐れがあると指摘した。

その上で、「一部加盟国が比例配分方式での予算拠出に躊躇すれば、『AAA』格付けを維持している加盟国の共同の約束を達成する意思が試されることになる」とした。

S&Pは2012年1月以降、EUの格付け見通しを「ネガティブ」とするとともに、加盟国のフランス、イタリア、スペイン、マルタ、スロベニア、キプロス、オランダの格付けを引き下げた。

S&Pによると、先月のオランダ格下げで、EUに残るトリプルA格付け国は6カ国となっている。

ブリュッセルで開かれているEU首脳会議に出席しているベルギーのディルポ首相は記者団に対し、S&PによるEU格下げは「1つの見解に過ぎない」と述べた。

一方、イタリアのレッタ首相は、今回の決定は欧州の経済危機がいまだ収束していないことを示すもので、無視することはできないとの見方を示した。

欧州委員会のレーン副委員長(経済・通貨問題担当)は、すべてのEU加盟国は金融危機の最中にあっても割り当てられた予算を常に拠出していたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below