December 26, 2013 / 6:17 PM / 5 years ago

英ボクシングデーの買い物客、前年比8%増 ショッピングセンターの客足は22%増加=調査会社

[ロンドン 26日 ロイター] - 小売関連の調査会社スプリングボードが26日発表したデータから、英国でボクシングデーに買い物をした人の数が前年比8%増加したことが明らかになった。

ウエスト・エンドやオクスフォード街など、ロンドンの主要商業地区では一部店舗が朝6時から開店。豪雨の影響で一部地域に浸水や停電の被害が出ているにもかかわらず、26日午前10時の時点で、大通りにある店舗に足を運んだ買い物客は3.4%増加、ショッピングセンターに出かけた人の数は22%増となった。

英国では大規模な値引きセールの前倒しを望む声が強まるなか、多くの店がクリスマスイブやクリスマス当日にオンラインで「1月セール」を開始した。

百貨店ジョン・ルイス は26日、21日までの週間売上高が前年同期比4.2%増の1億6440万ポンド(2億7000万ドル)と、初めて1億6000万ポンドを超えたことを明らかにした。

また、クリスマス当日に同社のウェブサイトで商品を購入した人の4人に3人がデスクトップパソコンではなく、タブレット端末かスマートフォン(多機能携帯電話)からアクセスしたと指摘。同社のネット部門を統括するマーク・ルイス氏は「オンラインショッピングの手段としてはモバイル機器が主流になったようだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below