February 4, 2014 / 6:37 AM / in 5 years

シドニー外為・債券市場=豪ドルが急伸、豪中銀の緩和バイアス除外で

[シドニー/ウェリントン 4日 ロイター] - 4日午後のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが急伸している。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が主要政策金利の据え置きを決めた一方、緩和政策のバイアスに関連した部分を外したことが材料視された。

豪ドルは対ドルで1.5セント上昇し、1豪ドル=0.8894米ドルを付けた。

RBAは主要政策金利を2.50%で据え置くことを込めた。ただ、声明で「(豪ドルが)不快なほど高い」との表現を外した。

TDセキュリティーズ(シンガポール)のアジア太平洋調査部門の責任者、アネット・ビーチャー氏は「(声明から)ハト派のトーンが消えたことにより、市場の動きが変わった」と指摘。「RBAは金利を安定させることを鮮明にしており、豪ドルは下支えられるだろう」とした上で、豪ドルは0.89米ドルを上回る可能性があるとの見解を示した。

豪債券先物はまちまち。イールドカーブがフラット化したことが背景。

3年債は4ティック安の97.100。10年債は1ティック高の96.070となったが、約3カ月ぶり高水準の96.135からは下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below