Reuters logo
機械受注こうみる:前月の反動と増税控えた慎重な動き=IHS 田口氏
2014年2月12日 / 00:41 / 4年後

機械受注こうみる:前月の反動と増税控えた慎重な動き=IHS 田口氏

[東京 12日 ロイター] - <IHS シニアエコノミスト 田口はるみ氏>

12月が前月比15.7%減(船舶・電力を除いた民需の受注額、季節調整値)と大きく落ち込んだのは意外感があったが、中身をみると前月からの反動が大きかったようだ。石油製品・石炭製品がプラス390.5%からマイナス55.3%、パルプ・紙がマイナス344.1%からマイナス77.5%となっている。自動車や一般機械はプラスを維持しており、製造業全体としては上向きトレンドが続いているとみている。

一方、非製造業では、卸売業・小売業がプラス51.7%からマイナス29.9%となり、消費増税に向けて設備投資を慎重化させる動きが前倒しで出ている可能性があり、警戒が必要だろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below