Reuters logo
UPDATE 1-カザフスタンが通貨テンゲを19%切り下げ、ルーブル下落受け
2014年2月12日 / 03:07 / 4年後

UPDATE 1-カザフスタンが通貨テンゲを19%切り下げ、ルーブル下落受け

[アルマトイ 11日 ロイター] - カザフスタンは11日、通貨テンゲを19%切り下げ1ドル=約185テンゲとした。市場では、切り下げ幅の大きさに驚きの声が上がった。

目標相場圏を従来の1ドル=145─155テンゲから、同185テンゲを中心とした上下3%の範囲内に切り下げる。

幅広い新興国通貨が売られ、ロシアがルーブルの下落を許容したことで、カザフは厳格な管理相場を維持しにくくなった。

切り下げ発表直後、テンゲの公式レートは、1ドル=163.90テンゲをつけ、前日の155.56テンゲから下落した。0830GMT(日本時間午後5時半)現在、テンゲはカザフの銀行間市場において、19.46%安の1ドル=186テンゲをつけている。

ケリムベトフ中銀総裁は、記者会見で「185テンゲという新しい水準から離れる大幅な動きに対して、テンゲを防衛する」としている。

中銀は、今後はテンゲ支援を緩和し、外為市場での介入を減らすとの方針を示した。中銀によると、通貨切り下げは即日付で実施される。   中銀は切り下げ決定について、米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和縮小を受けた国際市場の急変動が背景にある、としている。また、主要貿易相手国ロシアの通貨ルーブルの「不透明感」も理由だという。

19%という切り下げ幅はルーブルの今年の下落幅5%を大幅に上回った。モスクワのエコノミストは「定性的に見れば妥当な措置だ。定量的にはやり過ぎだ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below