Reuters logo
国際機関への武器輸出解禁、まだ方針決めてない=菅官房長官
2014年2月12日 / 01:57 / 4年後

国際機関への武器輸出解禁、まだ方針決めてない=菅官房長官

[東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日午前の会見で、一部で報じられた国際機関への武器輸出解禁について、具体的な方針や方向性は決めていないと語った。

安倍政権が国連など国際機関への武器輸出を解禁する方向で調整に入っており、3月以降に閣議決定する見通しと一部の報道が伝えていた。菅官房長官は「報道については承知しているが、まだ内閣として具体的な方針や方向性は決めていない。時期的なことを申し上げられる立場にない」と述べた。

また菅官房長官は、2010年に起きた尖閣諸島付近での中国漁船と海上保安庁・巡視船の衝突事件に関して、12日午後に中国人船長に対する損害賠償の時効中断のための訴訟を提起することを明らかにした。請求権の時効を停止させるため、法的措置をとることにした。これに関連して、事件の際の映像記録について、一般にも開示するという。 (石田仁志)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below