Reuters logo
UPDATE 2-日銀、現時点で追加緩和の必要ない=IMFアジア太平洋副局長
2014年2月12日 / 04:17 / 4年後

UPDATE 2-日銀、現時点で追加緩和の必要ない=IMFアジア太平洋副局長

(内容を追加しました。)

[東京 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のアジア太平洋局のジェリー・シフ副局長は12日、インフレ率が日銀の目標である2%に向かって上昇しつつあるなか、現時点で日銀が一段の緩和策を講じる必要はないとの見解を示した。

ただ、最近の世界的な市場の混乱を受け、日銀は今後の動向を注視し、インフレが伸び悩む兆しがあれば「必要な措置を講じる」べきとの考えを示した。

最近の市場の不安定な動きについては、過度に懸念していないと述べるとともに、FRBの緩和縮小とは直接関係ないと指摘した。

その上で「今後数年FRBの緩和縮小により新興国市場が不安定になる可能性があることは明らかだ」とし、そのため新興国は、市場混乱の影響をできるだけ少なくするため構造改革などを進める必要がある、との認識を示した。

また、米緩和策縮小の継続は、米経済成長がかなり底堅くなるとの見通しを反映しており、堅調な経済成長により多くの新興国の輸出は支援されることになる、との考えを示した。

一方、市場の混乱が長引いたり、今よりも拡大すれば、安全資産としての円需要が高まり、円高が進む可能性があると指摘。ただ、こうしたリスクは現時点では抑えられている、との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below