Reuters logo
アジア通貨動向(12日)=上昇、中国貿易統計や米FRB議長の議会証言で
February 12, 2014 / 8:32 AM / 4 years ago

アジア通貨動向(12日)=上昇、中国貿易統計や米FRB議長の議会証言で

[シンガポール 12日 ロイター] - アジア新興国通貨は総じて上昇し、韓国ウォンの上げが特に目立った。中国の貿易統計が強い数字となったことや、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で米経済について楽観的な見通しを示したことからリスク選好度が高まった。

中国の1月貿易統計は、輸出・輸入ともに予想以上の伸びを見せた。

イエレンFRB議長は議会証言で、金融政策の大幅な変更は視野にないことを明らかにし、基本的にこれまでの政策路線を踏襲する方針を示した。

韓国ウォン は一時0.9%上昇し、1月17日以来の高値をつけた。海外ファンドや国内輸出業者からの買いが見られた。

台湾ドル も海外投資家や輸出業者の需要により上昇した。

インドネシアルピア は、海外金融機関による買いで上昇。

ある市場関係者は「インドネシア経済は改善しつつあり、投資家は楽観的になっている。中銀は今週の会合で政策金利を据え置くと予想している」と述べた。

0739GMT(日本時間午後4時39分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場は以下の通り。

円          102.49

シンガポールドル   1.2641

台湾ドル       30.307

韓国ウォン     1062.35

タイバーツ      32.57

フィリピンペソ    44.93

インドネシアルピア 12078.00

インドルピー     62.16

マレーシアリンギ   3.3230

人民元        6.0622

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below