Reuters logo
東南アジア株式=タイが上伸、他市場も小幅高
2014年2月12日 / 12:11 / 4年後

東南アジア株式=タイが上伸、他市場も小幅高

[バンコク 12日 ロイター] - 12日の東南アジア株式市場では、タイのSET指数が、バーツ高や好調な企業決算を受けて上伸。一方、中国貿易統計や米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の楽観的な景気見通しを背景に、他の市場でも株価が小幅高となった。

SET指数 は、1.4%高の1314.06と、1月24日以来の高値で引けた。テクニカル主導の買いにも支援され、1300台に乗せた。好調な決算を材料に、大手通信アドバンスト・インフォ・サービス が2.4%高と急伸した。

CIMBセキュリティーズの上級アナリスト、ティーラウット・カンニパクル氏は「タイ株の買い時を探る動きがあった。バーツ高とSET指数の1300台乗せが引き金となった」と話した。

マレーシアのクアラルンプール総合株価指数 は、序盤の下げ幅を縮小し、0.1%高の1825.64で引けた。

引け後に発表されたマレーシアの2013年第4・四半期国内総生産(GDP)は前年比5.1%増と、市場予想の4.8%増を上回った。

シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI) は、0.2%高の3035.45と2週間ぶり高値で終了。インドネシアのジャカルタ総合株価指数 は、0.6%高の4496.28、フィリピンの主要株価指数PSEi は0.1%高の6112.31、ベトナムのVN指数 は1.9%高の564.25で、それぞれ引けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below