Reuters logo
豪州、目先の財政引き締めで成長阻害しないよう配慮必要=IMF
2014年2月12日 / 16:27 / 4年後

豪州、目先の財政引き締めで成長阻害しないよう配慮必要=IMF

[シドニー 13日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は13日公表したオーストラリア経済に関する報告書で、資源ブームが一服する中、目先の財政引き締めにより景気を阻害しないよう警告した。

アボット党首率いる保守連合政権は、5月に提出する予算案で、歳入の落ち込みを補うためには大幅な財政引き締めが必要との考えを示している。

IMFは2014年の豪成長率予想を2.6%としており、13年の推定2.5%から小幅な加速にとどまると見込んでいる。

報告書は「中期的に財政全般を改善する目標を支持するが、短期的には成長見通しを阻害しないよう配慮を求める」と指摘している。

また豪経済は近年、他の多くの先進国をアウトパフォームしてきたが、現在では長期に渡った資源投資ブームが峠を越え、通貨が実質ベースで「やや過大評価」されている中、ぜい弱な状況にあると指摘。

「成長の弱含みに加え、政府の財政赤字削減計画やなお高水準にある豪ドルの実質為替レートを踏まえれば、金融政策は引き続き緩和的、かつ目先の総需要を管理する主要なマクロ経済手段であるべき」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below