Reuters logo
サウジのSABICと三菱レイヨンの合弁事業、工場建設に4社が入札=関係筋
2014年3月5日 / 04:02 / 4年後

サウジのSABICと三菱レイヨンの合弁事業、工場建設に4社が入札=関係筋

[アルコバール(サウジアラビア) 4日 ロイター] - サウジアラビアの化学大手サウジ基礎産業公社(SABIC) と三菱レイヨン が合弁でサウジに建設予定の石油化学工場2つの入札に、エンジニアリング企業4社が応札している。業界関係者2人が明らかにした。

応札した4社は、韓国の大林産業 、フランスのテクニップ 、スペインのテクニカス・レウニダス と台湾の中鼎工程(CTCI) 。

工場のうち1つはメタクリル酸メチル(MMA)モノマーを生産し、生産量は年間最大25万トン。もう1つはアクリル樹脂成形材料(PMMA)工場で年間生産量は最大4万トン。

大林産業はMMAおよびPMMAプロジェクトに応札したことを確認。テクニップはコメントを拒否し、テクニカス・レウニダスの広報は情報を確認できないと話し、CTCIからは今のところコメントが取れていない。

同関係者によると、事業費はSABICが2009年に最初に示した見積額10億ドルを下回る見込みだという。

別の業界関係者によるとSABICと三菱レイヨンの協議は継続しており、2─3カ月以内に最終的な調印にこぎ着ける見込みだという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below