Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、堅調な豪GDPを好感
2014年3月5日 / 04:22 / 4年後

シドニー外為・債券市場=豪ドル上昇、堅調な豪GDPを好感

[シドニー/ウェリントン 5日 ロイター] - 5日午前のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが対米ドルで上昇している。昨年10―12月の豪国内総生産(GDP)が堅調な伸びを示したことを受け、政策金利が据え置かれるとの見方が強まった。   豪ドル は序盤の1豪ドル=0.8943米ドルから0.8998米ドルまで上昇。前日は1カ月ぶりの安値となる0.8891米ドルまで下げていた。ロシアのプーチン大統領が4日、記者会見で、ウクライナでの武力行使は「最後の手段」と述べたことが同日の海外市場で支援材料となった。   オプション関連の売りが一因となって高値からは押し戻され、直近では0.8950米ドル。0.9000米ドルの上値抵抗線を突破すれば、0.9040―50米ドル、その次は2月に付けた高値の0.9081米ドルを試す展開となる。   シンガポールのロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のストラテジスト、グレッグ・ギブス氏は「リスク志向はかなり高く、オーストラリアの経済指標も堅調だ。リスクは上方向にある」と指摘した上で、1豪ドル=0.9000米ドルを上抜けば0.9200米ドルの水準に向かうと予想した。

  豪債券先物は軟化。3年債先物 は6ティック安の97.080、10年債先物 は5ティック安の96.005。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below