March 6, 2014 / 4:52 AM / 6 years ago

UPDATE 1-何らかのリスクで見通しに変化生じれば、適切に政策調整=岩田日銀副総裁

(内容を追加しました)

[東京 6日 ロイター] - 岩田規久男日銀副総裁は6日、参議院予算委員会で、今後、何らかのリスクによって日銀が掲げる経済・物価見通しに変化が生じれば、2%の物価安定目標の達成のために適切に政策を調整する、と語った。金子洋一委員(民主)の質問に答えた。

岩田副総裁は、日本経済の現状と見通しについて「緩やかな回復を続けており、先行きも消費税率引き上げに伴う駆け込み需要と反動の影響はあるが、基調的には緩やかな回復を続ける」と説明。物価面でも、日銀が掲げている2%の物価安定目標に向けて「順調な道をたどっている」と語った。

そのうえで金融政策運営について「現在の量的・質的金融緩和を着実に推進していくことが重要」としたが、「今後、何らかのリスク要因によって見通しに変化が生じた場合には、2%の物価安定目標の実現に必要であれば、適切な調整を行う方針だ」と語った。 (伊藤純夫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below