Reuters logo
東南アジア株式=まちまち、ジャカルタ市場は急伸
2014年3月14日 / 12:06 / 4年後

東南アジア株式=まちまち、ジャカルタ市場は急伸

[バンコク 14日 ロイター] - 週末14日の東南アジア株式市場の株価はまちまちで取引を終えた。ジャカルタ市場は3.2%高と急伸。インドネシア最大野党の闘争民主党が今年の大統領選の候補者に人気の高いジョコ・ウィドド・ジャカルタ特別州知事の擁立を決めたことが好感された。

同知事の擁立を受けて積極的な経済対策を見越した買いが入り、引けにかけて銀行株や大型株が上昇した。

メイバンク・キムエンの調査部門責任者、ウィリアント・レ氏はリポートで「難しい決断に前向きで、経歴も素晴らしくかつクリーン、皆のためになる開発に賛成という良い大統領がインドネシアに誕生するとの心理が株価を押し上げた」と分析。「中でも、インドネシアが進んだ民主主義国に変わったことを示す、野党へのスムーズな政権交代に対する期待感が大きい」と説明した。

ジャカルタ市場の総合株価指数 は3.23%高の4878.64と、昨年6月以来の高値で終了。1日の上昇率としてはほぼ半年ぶりの大きさだった。今週の上げ幅は4.1%に達し、東南アジアの各市場の中では最大となった。

朝方は軟調。ウクライナ情勢をめぐる懸念や軟調な中国経済指標を受けて値を下げた。

バハナ証券の調査部門責任者、ハリー・ス氏は「市場はジョコ氏の候補指名に興奮している。短期的には総合株価指数が5000の水準まで急伸してもおかしくない」と述べた。

バンク・マンディリ は9.1%高、バンク・ラヤット・インドネシア は10.5%高と急騰した。

バンコク市場のSET指数 は0.12%高の1372.18で取引を終えた。タイ中央銀行による利下げや非常事態宣言の解除見通しをはやして今週1週間では1.3%高。3週続伸して越週した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) は0.25%安の3073.72、クアラルンプール市場の総合株価指数 は0.76%安の1805.12、マニラ市場の主要株価指数PSEi は0.60%安の6391.24と下落して引けた。

ホーチミン市場のVN指数終値 は0.27%高の596.83。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below