Reuters logo
再送-ソニー、PS4用のヘッドマウントディスプレーを開発 ゲームで仮想現実
2014年3月19日 / 05:07 / 4年前

再送-ソニー、PS4用のヘッドマウントディスプレーを開発 ゲームで仮想現実

(検索コードを追加して再送しました)

[東京/サンフランシスコ 19日 ロイター] - ソニー のゲーム子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメントは19日、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」に使うヘッドマウントディスプレー「プロジェクトモーフィアス」を開発中だと発表した。PSのゲームの臨場感を高める周辺機器で、これを使って遊べるソフトの開発も進めていく。

試作機は5インチサイズの液晶ディスプレイを搭載。加速度センサーとジャイロセンサーを内蔵したヘッドマウントディスプレーでバーチャルリアリティ(仮想現実)映像を楽しみながらゲームができる。PS4専用のカメラがプレーヤーの頭部の動きや位置を検知し、3D映像が360度の全方向に変化する。これで、プレーヤーは仮想世界に入り込んでいるような体験が可能になるという。

PS専用のモーションコントローラー「PSムーブ」を使用すれば、映像内に剣などの武器を再現し、それを動かして戦うゲームが可能。音響面でも3Dオーディオ技術を採用し、前後左右からの音に加えて、上空を旋回するヘリコプターの飛行音なども再現して臨場感を提供する。

今後、ゲームソフトメーカーに開発キットを配布して、ヘッドマウントディスプレイを使った新しいゲームソフトを開発していく。

SCEのゲーム開発事業責任者の吉田修平ワールドワイド・スタジオ代表取締役会長は、米国サンフランシスコで開催中の「ゲーム開発者会議(ゲームデベロッパーズカンファレンス)2014年」で試作機を発表。現地では、SCEやスクウェア・エニックス・ホールディングス の試作ゲームを展示した。

吉田氏は現地の講演で「3年以上かけて開発して、やっと仮想現実のビジョンを実現した」と述べた。ソニーは、2011年8月から3D映像でビデオやゲームが楽しめる「ヘッドマウントディスプレー」を発売しているが、ゲームでの利用はいまひとつ広がっていない。だが、米ベンチャーのオキュラスVR社が2013年にゲーム専用ヘッドマウントディプレイ「オキュラスリフト」を公表し、ゲームならではの臨場感が話題になったことから、「この商品に刺激を受けた」(吉田氏)といい、SCEも公表に踏み切ったという。

村井令二 Malathi Nayak

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below