March 20, 2014 / 1:57 PM / 6 years ago

ロシア軍のクリミア駐留規模拡大へ、脅威防衛が目的─国防次官=タス通信

[モスクワ/キエフ 20日 ロイター] - ロシア国防省のユーリイ・ボリソフ次官は20日、ロシア軍がクリミアでの駐留規模を拡大して、対外的な脅威から防衛する方針を明らかにした。タス通信(ITAR・TASS)が、同氏の発言として伝えた。

同氏は「クリミアがロシア連邦の代表に値する存在となり、あらゆる侵略の可能性から守るため、半島での軍の基盤を整えることが必要となる」と述べた。

一方、クリミアに駐留するウクライナ国境警備隊は、ウクライナ本土内に再配備を始めた。高官が20日明らかにした。

国境警備隊の幹部、Pavlo Shysholin氏は記者会見で、ヘルソンなどの地方に順次、再配備を始めたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below