Reuters logo
再送-欧州市場サマリー(21日)
2014年3月23日 / 20:57 / 4年後

再送-欧州市場サマリー(21日)

(この記事は22日に配信しました)
    [21日 ロイター] - 
                              1733GMT         20日終盤
ユーロ/ドル            1.3793/96       1.3778
ドル/円              102.24/26       102.38
ユーロ/円            141.02/05       141.05
    
                  21日終値           前営業日終値
 株 FT100             6557.17(+14.73) 6542.44
   クセトラDAX      9342.94(+46.82) 9296.12
        
 金 現物午後値決め        1336.00             1327.00
    
*GMT:17時37分
先物清算値
  3カ月物ユーロ(6月限)   99.67 (‐0.01) 
  独連邦債2年物(6月限)  110.33 (+0.00) <0#FGBS:>
  独連邦債5年物(6月限)  124.99 (+0.03) <0#FGBM:>
  独連邦債10年物(6月限) 142.51 (+0.11) <0#FGBL:>
  独連邦債30年物(6月限) 127.60 (+0.30) <0#FGBX:>
 
現物利回り
  独連邦債2年物       0.207 (0.209)  
  独連邦債5年物       0.697 (0.701)  
  独連邦債10年物      1.633 (1.645)  
  独連邦債30年物      2.488 (2.505)  
    
    
    <為替> ユーロが対ドルで反発。1月のユーロ圏の経常収支が季節調整後で253
億ユーロの黒字となり、過去最大を記録したことが材料となった。
    ユーロ/ドル は0.2%高の1.3809ドル。前日は1.3749ドルと2
週間ぶり安値をつけていた。
    ドル/円 は0.1%安の102.27円付近で推移。
    主要6通貨に対するICEフューチャーズUSドル指数 は0.1%安の80.
124。
    
    <株式> ロンドン株式市場は反発。中国の景気刺激策への期待から鉱山株が買われ
た。    
    FT100種総合株価指数 は週間で0.4%値を上げ、4週間ぶりの上昇と
なった。
    中国経済減速への懸念を背景に、2月下旬の高値から10%程度値を下げている鉱山
株指数 はこの日、1.2%上昇した。
    中国の景気刺激策への期待から、鉱山株に押し目買いを入れる動きが出ている。
    李克強首相が、内需を安定的に拡大するため投資や建設を加速させる方針を明らかに
するなど、当局は経済成長鈍化への対応を検討する意向を示している。
    前日に持ち直した保険株は再び売られた。オズボーン英財務相が今週発表した予算案
で、年金保険の購入義務付けを撤回する年金改革を発表したことが引き続き重しとなって
いる。
    生命保険大手リーガル・アンド・ゼネラル(L&G) は3.3%安。週間で
は7%の下げとなった。

    欧州株式市場は不安定な展開となる中、小幅高で終えた。中国の景気支援策への期待
から資源株が買われたほか、テクニカルチャート上の買いのシグナルも追い風となった。
    FTSEユーロファースト300種指数 はプラス圏とマイナス圏を行き来す
る展開となったが、結局1.37ポイント(0.10%)高の1307.24で終えた。
    週足では1.8%高となり、週間の上昇率として約1カ月ぶりの大きさとなった。
    DJユーロSTOXX50種指数 終値は7.59ポイント(0.25%
)高の3096.49。
    欧州資源株 は1.1%高。李克強首相が前日、内需を安定的に拡大するため
投資や建設を加速させる方針を明らかにしたことで、景気支援策への期待が高まった。
    欧州各市場は総じて上昇。英FT100種総合株価指数 は 0.2%高、独ク
セトラDAX指数 は0.5%高となった。
    テクニカルチャートは、市場のバイアスが短期的に株価が上向くことを示唆。だが強
力な抵抗線が上値を抑える可能性がある。
    ウクライナ情勢の緊迫化にもかかわらず、株価がこの日上昇したことは、過去数週間
前に比べ、ウクライナ懸念に対する欧州株の耐性が増していることを示唆している。
    ロシアのプーチン大統領は同日、ウクライナ南部クリミアをロシアに編入する条約の
批准書に署名。これにより、クリミア編入に関する法的手続きが完了した。
    アイルランドの格安航空大手ライアンエア は3.2%上昇。同社の販売戦略
見直しや資金調達計画を受けた証券会社の前向きなコメントが追い風となった。
    
    <ユーロ圏債券> ギリシャ国債利回りが低下した。スタンダード・アンド・プアー
ズ(S&P)がギリシャの「Bマイナス」格付けを確認したうえで格付け見通しを「安定
的」とし、経済成長が大幅に加速すれば格上げもあり得るとしたことが背景。
    ギリシャ10年債 利回りは6ベーシスポイント(bp)低下の6.9
3%。今月に入ってつけた4年ぶり低水準となる6.61%からは上昇しているが、国際
支援を受ける前と比べると格段に低い水準にある。
    ギリシャの格付けをめぐっては、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが4月4
日に見直しを発表する。同社の現在のギリシャの格付けは、S&Pより2段階低い「Ca
a3」。一部アナリストの間では、ムーディーズはギリシャを格上げする可能性があると
の見方も出ている。
    ギリシャは今年後半にも市場からの資金調達を再開する計画だが、市場環境の改善を
受け、一部当局者は計画の前倒しを検討。関係筋はロイターに対し、ギリシャ政府が数カ
月以内に5年債を発行する可能性があることを明らかにしている。
    プライマリー・ディーラーの間では、ギリシャの市場からの資金調達は早ければ早い
ほど旺盛な需要が見込めるとし、欧州議会選挙が実施される5月より前に国債が発行され
る可能性もあるとの見方が出ている。
    その他のユーロ圏国債の利回りはおおむね横ばいかやや低下した。前日は米早期利上
げ観測が台頭したことを受け、ユーロ圏債券市場では大幅な売りが出た。    
    終盤の取引で、独10年債 利回りは1bp低下の1.63%となって
いる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below