Reuters logo
再送-NY市場サマリー(21日)
2014年3月23日 / 20:57 / 4年前

再送-NY市場サマリー(21日)

(この記事は22日に配信しました)
    [21日 ロイター] - 
    (カッコ内は前営業日比、%は利回り)
 
      ドル/円  終値   102.26/29 
          始値   102.23/24 
      前営業日終値   102.38/40 
 
  ユーロ/ドル  終値   1.3790/95
          始値   1.3795/96
      前営業日終値   1.3777/79
    
    30年債 
    米東部時間17時05分   100*09.50=3.6085%
     前営業日終盤      99*07.00=3.6681%

    10年債 
    米東部時間17時05分   100*01.50=2.7444%
     前営業日終盤       99*24.50=2.7771%   
    
    5年債 
    米東部時間17時05分   99*00.75=1.7071%
     前営業日終盤       99*01.25=1.7035%
    
    2年債 
    米東部時間16時36分   99*21.00=0.4286%
     前営業日終盤      99*21.25=0.4238%
    
  ダウ工業株30種(ドル) 
     終値         16302.77(‐ 28.28)
       前営業日終値       16331.05(+108.88)

  ナスダック総合 
     終値         4276.79(‐42.50)
       前営業日終値       4319.29(+11.69)

  S&P総合500種 
     終値         1866.52(‐ 5.49)
       前営業日終値       1872.01(+11.24)
    
COMEX金(4月限)(ドル/オンス)   <0#GC:>
         終値    1336.0(+5.5)
     前営業日終値    1330.5(‐10.8)
    
COMEX銀(5月限)(セント/オンス)  <0#SI:> 
         終値    2031.0(‐12.0)         
       前営業日終値    2043.0(‐39.6)
    
北海ブレント原油先物(5月限)(ドル/バレル)  <0#LCO:>      
     
      終値        106.92(+0.47)
       前営業日終値    106.45(+0.60)
    
米WTI原油先物(5月限) (ドル/バレル)  <0#CL:>
         終値    99.46(+0.56)         
     前営業日終値     98.90(N/A)
    
CRB商品指数(ポイント) 
         終値    299.4020(‐0.0983)         
     前営業日終値    299.5003(‐3.4097)
  
    
    <為替> ドルが反落した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ時期をめぐるイエ
レンFRB議長の発言を市場が消化するなか、ロシアと西側諸国の緊張の高まりを背景に
円が買われた。
    また1月のユーロ圏の経常黒字が過去最大を記録したことがユーロの支援材料となっ
た。
    
    NY外為市場:[USD/J]     
    
    <債券> 長期債価格が上昇し、短期債と長期債との利回り格差が8カ月ぶりの水準
に縮小した。
    イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が19日に、資産買い入れ終了後の半年後
にも利上げに踏み切る可能性を示唆して以降、イールドカーブはフラット化傾向にあり、
この日も利上げ前倒しの可能性を見極める動きが継続した。
    米2年債・30年債の利回り格差は317ベーシスポイント(bp)に縮小し、昨年
7月以来の水準をつけた。
    
    米金融・債券市場:[US/BJ]
    
    <株式> 当初は買いが先行していたものの、S&P500が取引時間中の最高値を
更新したことで、週末を前に利食い売りが広がった。ロシアのプーチン大統領が21日、
ウクライナ南部クリミアをロシアに編入する条約の批准書に署名し、クリミア編入に関す
る法的手続きが完了するなか、地政学リスクが引き続き市場のテーマとなった。
    
    米国株式市場:[.NJP]    
    
    <金先物>  前日までの下落を受けた安値拾いの買いや、ウクライナ情勢への警戒感
から5営業日ぶりに反発した。中心限月の4月物は前日終値比5.50ドル高の1オンス
=1336.00ドルで取引を終了。ただ、週間では約3%下落した。 
    
    NY貴金属:[GOL/XJ]
    
    <米原油先物> 米欧による対ロシア追加制裁をにらんで買いが入り、反発した。こ
の日から新たに中心限月となった米国産標準油種WTIの中心限月5月物は、前日終値比
0.56ドル高の1バレル=99.46ドルで終了。6月物は0.60ドル高の98.6
5ドルで引けた。ウクライナ情勢をめぐる根強い先行き不透明感が引き続き主な買い材料
。
    
    NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below