Reuters logo
為替こうみる:今後はリスクオンでドルが選好される流れ=FXプライム・上田氏
2014年4月7日 / 01:17 / 4年後

為替こうみる:今後はリスクオンでドルが選好される流れ=FXプライム・上田氏

[東京 7日 ロイター] - <FXプライム 取締役 上田真理人氏>

3月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が事前予想を若干下回ったものの、前月分は上方改定され、労働参加率も増加している。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は、正直な発言をしていると思うが、市場への影響は限られる。

米国経済は順調に回復しているとの印象で、米国は今後とも粛々と緩和縮小を続け、米国の長期金利も徐々に上昇していくだろう。

  ドル/円の104円台トライは短期的に終わったが、新興国情勢が落ち着きを取り戻すなか、今後は「リスクオン」の際にドルが買い進まれる傾向が定着し、現在はその前段階にあるとみられる。

今年は、金利情勢が市場の焦点となり、金利に上昇余地がある国とない国で通貨ペアの2極化が進み、ニュージーランド、英ポンド、米ドルなどの通貨が市場に選好されるだろう。

一方、いずれかの時点で追加緩和が見込まれる円については、円安基調が定着する可能性が高い。

こうしたシナリオに対するリスク・ファクターとして、ウクライナ、中国情勢、及び、欧州の景気回復の停滞等が考えられる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below