Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(7日)
2014年4月7日 / 06:47 / 4年後

東京マーケット・サマリー・最終(7日)

[東京 7日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
  
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
  午後5時現在 103.12/14   1.3715/19  141.44/48
 NY午後5時 103.23/25  1.3701/06  141.49/53

    午後3時のドル/円 は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、
わずかにドル安/円高の103円前半。本邦勢の参加が極端に細るなか、海外勢の一部は
株売りに合わせて円売りヘッジの巻き戻しを実施しているとみられ、ドル/円相場を圧迫
した。
    
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14808.85円(254.92円安)
         14764.37円─14895.58円
 東証出来高   17億7871万株
 東証売買代金  1兆6658億円
    
    東京株式市場で日経平均は大幅続落した。下げ幅は一時300円に迫った。前週末の
米国株が大幅安となったことに加え、外為市場での円高傾向が嫌気され、東京市場でも利
益確定売りが先行した。また、8日には日銀の金融政策決定会合の結果公表を控え、投資
家の様子見姿勢が強まった。商いは薄く、東証1部の売買代金は低水準にとどまった。

  東証1部騰落数は、値上がり216銘柄に対し、値下がりが1513銘柄、変わらず
が72銘柄だった。
  
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時19分現在

 無担保コール翌日物金利                0.065%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り          0.050%(変わらず)
                          0.050─0.050%
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年12月限)   99.815(変わらず)
                安値─高値     99.810─99.815

  無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.065%と前週末(
0.066%)から弱含んだ。地銀、信託、証券などを主な取り手に0.065─0.0
7%を中心に取引された。レートが弱含む期末・期初の要因が徐々に薄れ、調達意欲がや
やしっかり。ユーロ円3カ月金利先物は閑散小動き。
    6カ月物国庫短期証券入札では、最高落札利回りが0.0478%となり事前予想(
0.0518%付近)を下回った。需給にひっ迫感が出ていた3月5日の前回入札(0.
0357%)に比べて上昇したが、利回り修正を受けて投資家の買い需要が示された。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・6月限(東証)          144.89(+0.34)
                   安値─高値  144.75─144.90
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値)  0.610%(─0.030)
                 安値─高値     0.620─0.610%

    国債先物中心限月6月限は前週末比34銭高の144円89銭と大幅反発で取引を終
えた。4日発表の3月米雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を若干下回り、連邦
準備理事会(FRB)による早期利上げ観測が後退。前週末の米債高に加え日経平均株価
の下落も国債先物をサポートした。現物債はオペ通告を好感した買いが入ったことで、超
長期・長期ゾーンがしっかり。米雇用統計後に金利上昇を見込んでいた市場参加者から買
い戻しが入った。10年最長期国債利回り(長期金利)は同3.0bp低い0.610%
に低下した。
    
    大阪取引所できょうからスタートした超長期国債先物6月限は、198円90銭と市
場が想定する水準で取引が始まった。その後は方向感に欠け198円85銭で引けた。出
来高は119億円。
    

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<CDS市場>

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指数のiTraxxJapa
nシリーズ21は今週、不安定に推移する株価との連動性を強める見通し。もっとも、指
数の振れ幅については株価のボラティリティが大幅に高まったとしても、さほど大きく上
下動するまでに至らないとみられる。注目材料としては、7―8日開催の日銀金融政策決
定会合のほか、9日発表の3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、これから相
次いで発表される米企業決算発表などが挙げられる。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(18時09分現在の気配)

       2年物 0.24%─0.14%
       3年物 0.26%─0.16%
       4年物 0.31%─0.21%
       5年物 0.37%─0.27%
       7年物 0.55%─0.45%
      10年物 0.84%─0.74%

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below