Reuters logo
シドニー外為・債券市場・中盤=豪ドルは堅調、良好な国内指標とユーロ圏の緩和観測に
2014年4月7日 / 04:57 / 4年前

シドニー外為・債券市場・中盤=豪ドルは堅調、良好な国内指標とユーロ圏の緩和観測に

[シドニー/ウェリントン 7日 ロイター] - 週明け7日午前のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが4カ月ぶり高値近辺で堅調に推移している。国内経済指標が良好だったほか、ユーロ圏の金融緩和観測の高まりとともにリスク資産への投資意欲が強まっていることが要因。

豪ドルは直近で1豪ドル=0.9285米ドルと、昨年11月以来の高値付近にある。抵抗線となっている0.9308─9310米ドルを上抜けした場合、次の上値めどは昨年10月から今年1月までの下落局面のフィボナッチ61.8%戻し水準に当たる0.9340米ドルとなる。

3月の豪求人広告件数は3カ月連続で増加。労働需要の高まりが改めて示された。

10日には3月の豪雇用統計が発表される。市場予想は就業者数が5000人増、失業率は横ばいの6.0%。2月の就業者数は予想を大きく上回る4万7300人の伸びだった。

豪ドルはユーロに対しても堅調となっており、直近では1ユーロ=1.4747豪ドル。ユーロは欧州中央銀行(ECB)による追加緩和観測の前に軟化している。

TDセキュリティーズのアジア太平洋調査部門責任者、アネット・ビーチャー氏は「市場はECBが真剣に何かやろうとしていると確信を持っているようだ」と指摘、「ユーロ安は(ECBに対する)歓迎のサインだろう」と述べた。

ニュージーランド(NZ)ドルも対米ドルで強含みに推移。一時1NZドル=0.8616米ドルまで上昇した。

豪債券先物は米債券相場の上昇につれ高となっている。3年債先物は5ティック高の96.950、10年債先物は95.905。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below