Reuters logo
UPDATE 1-一致指数は8カ月ぶり低下、1月の反動減や大雪の影響=2月景気動向指数
2014年4月7日 / 06:17 / 4年後

UPDATE 1-一致指数は8カ月ぶり低下、1月の反動減や大雪の影響=2月景気動向指数

(内容を追加しました)

[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日に発表した2月の景気動向指数速報によると、CI(コンポジット・インデックス)一致指数は前月比1.8ポイント低下し、113.4となった。8カ月ぶりに低下した。大幅上昇した1月の反動減や大雪の影響で一部工場の操業停止などが影響。内閣府では、CI一致指数を踏まえた基調判断は「改善を示している」で据え置いた。

景気の現状を示す一致指数では、プラスに寄与したのは有効求人倍率(除学卒)の1系列のみ。9系列がマイナスに寄与した。マイナスは投資財出荷指数(除輸送機械)、耐久消費財出荷指数、生産指数(鉱工業)など。

マイナスの背景について、内閣府では、1月(確報)が前月比3.0ポイント上昇と過去2番目の大幅な上昇となった反動減の側面があるとしている。また、大雪の影響で一部工場の操業停止も影響したとしている。

景気の先行きを示す先行指数は前月比4.6ポイント低下の108.5。6カ月ぶりに低下した。低下幅は2009年1月(同4.9ポイント低下)以来の大きさ。9系列のうち、マイナスに寄与したのは、消費者態度指数、中小企業売上見通しDI、鉱工業生産財在庫率指数、新設住宅着工床面積など8系列。新設住宅着工床面積については、消費増税前の駆け込み需要の一服感がみられるとしたが、その他については明言を避けた。プラスに寄与したのは日経商品指数(42種総合)の1系列だった。  

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。

here

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below