Reuters logo
ロシア大統領、保安庁に警戒態勢指示 国内引き締め図る
2014年4月7日 / 10:58 / 4年後

ロシア大統領、保安庁に警戒態勢指示 国内引き締め図る

[モスクワ 7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、連邦保安庁(FSB)に対し武装攻撃への警戒態勢を指示し、ロシアは非政府組織を「ウクライナのように破壊的」目的に利用することは許さないと述べた。

インタファクスが伝えたもので、ソチ五輪後もFSBが警戒態勢を緩めていないことを示している。またウクライナの事態を受けた西側の揺さぶりに対し、国内の引き締めを図っていることを示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below