April 14, 2014 / 3:42 AM / 5 years ago

米GM、点火スイッチ不具合をリコールの数年前から把握=米下院委文書

[ワシントン/デトロイト 11日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM) が2月にリコール(回収・無料修理)を発表した点火スイッチの不具合について調査している米下院エネルギー・商業委員会が11日公表した機密文書で、同社のエンジニアがこの深刻な問題を認識しながら、数回にわたり修正の機会を棒に振っていたことが明らかになった。

フレッド・アプトン委員長(共和党、ミシガン州選出)は、これらの文書は「GMのシステムに欠陥」があったことを示していると指摘した。

GMの文書によると、GMに部品を納入したデルファイ・オートモーティブ は、2001年12月に小型車「サターン・アイオン」向けの点火スイッチを提出した際に、その多くがGMの仕様を満たしていないと伝えていた。

一方、米道路交通安全局(NHTSA)の不具合調査部門の責任者フランク・ボリス氏は、13年7月にGMの幹部に宛てた電子メールで、GMは不具合やリコールについて「コミュニケーションと行動が遅い」と述べた。また、ほかのどの自動車メーカーよりも協力が得られにくいとの見解を示すとともに、安全性の問題についてNHTSAがGMと意見を異にする例6つを挙げていた。

エンジニアらがこの問題の原因と解決方法を模索するのに苦慮する一方でGM上級幹部らがこの問題を早い段階で把握していたかどうかについては依然として不明だ。

公表された文書で、解決するには費用がかかり過ぎるとしてGMが問題のスイッチの修理や交換を避ける選択を繰り返し行っていたことが明らかになった。

またNHTSAは、消費者の苦情の増加に伴いGMの安全対策にすぐに腰を上げない姿勢について07年には懸念を抱きながらも、問題の調査開始についての職員の提言を上級幹部らが実行しなかったことが明るみに出た。

  <問題の初期証拠>

GMは最終的に、問題のスイッチには自動車のキーが「オン」からエンジンが停止する「アクセサリー」に動かないようにするのに必要な力が足りなかったことを突き止めた。根本的原因はディテントプランジャーとスプリングから構成される小さな部品だった。

GMのエンジニアは01年7月に小型車「サターン」のプロトタイプを試験走路で運転中に同問題の兆候に遭遇していた。

同スイッチの設計に関わったエンジニアの1人、レイ・デジョルジョ氏は同年11月、問題は新たな部品を用いることで解決されたとし、GMは02年5月同部品の製造を承認した。デジョルジョ氏は7日の週に有給休暇扱いにする措置を受けている。

  <シボレー・コバルトのスイッチの不具合>

05年型「シボレー・コバルト」の開発に関わったエンジニア、ゲイリー・アルトマン氏は04年10月に試験走行中、「運転者の膝がキーにあたって点火スイッチがオフになる」問題を指摘していた。同氏も7日の週に理由を明らかにせず有給休暇の措置を受けている。

05年9月にはGMの別のグループのエンジニアらによる一連の電子メールのやり取りで、アイオンやコバルトなどに新たなスイッチを導入するには、設備一新に要する追加コストが40万ドルと、1台に付き0.90ドルの費用がかかるため08年秋まで延期することを協議していたことが明らかになった。

06年5月27日のデルファイの社内メモによると、デジョルジオ氏は現行のスイッチを新たな部品番号を付けずに設計し直すことを承認していた。同氏は13年のGMに対する訴訟での供述で06年の再設計について知らなかったと証言している。

議会はGM幹部が深刻な安全面での欠陥に対し時宜を得た対応を行ったか、またNHTSAが職務の遂行を怠ったかどうかの見極めを行っている。

アプトン委員長は「まだ多くの調査が残されている」とし、同じく調査を行っている上院委とともに、収集した資料の調査には数週間を要するとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below