April 15, 2014 / 12:56 AM / 6 years ago

UPDATE 1-日銀の追加緩和「勝手に期待し、勝手に落胆」=株価下落で甘利再生相

(内容を追加しました)

[東京 15日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は15日、日経平均株価が心理的節目とされる1万4000円を一時割り込んだことに関し、ウクライナ情勢を受けた米国市場の動向など海外要因が影響しているとの認識を示した。そのうえで日銀の追加金融緩和を巡って「市場が勝手に期待し、勝手に落胆している」側面もあると語った。閣議後の記者会見で述べた。

株価下落への対応については「日本経済のファンダメンタルズを強くするのが抜本的な対応」と強調。「1の矢、2の矢、3の矢が発現する姿が市場にみえることが重要で、成長戦略が徐々に具体化していく姿がみえるに従い、見合った市場の反応が起こってくるのではないか」と述べた。

環太平洋連携協定(TPP)交渉に関しては「日米首脳会談が最終期限ではない。中身の詰め方が大事」と指摘する一方、「(首脳会談が)1つの節目にはなる。それに向けて着実に進んでいる姿を歓迎できるようにしたい」と語った。 (山口 貴也)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below