April 21, 2014 / 3:02 PM / 6 years ago

政府、GPIFの運用委員に米沢氏ら7人任命

[東京 22日 ロイター] - 政府は22日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用委員に米沢康博・早大大学院教授ら新任6人、再任1人の計7人を任命する。今月21日までに任期が切れる委員を刷新し、運用資産130兆円の「脱国債」に向けた姿を示す。

田村憲久厚労相が同日付で任命する。新たに加わる運用委員の任期は2年。米沢氏のほか、佐藤節也・東洋大教授、清水順子・学習院大教授、菅家功・連合総合生活開発研究所専務理事、武田洋子・三菱総研主席研究員、堀江貞之・野村総研上席研究員の6人を選出。大野弘道・味の素常務執行役員は再任する。

今の運用委員10人のうち8人が退任し、新体制では今年7月10日まで任期の残る能見公一・産業革新機構社長を合わせた8人でスタートする。

国債に偏った運用を見直すよう求める報告書をまとめた有識者会議のメンバーを起用し、巨額資産の「脱国債」に向け舵を切る。GPIFは近く運用委員会を開催し、新たな運用委員長を選出する方針だ。 (山口 貴也)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below