Reuters logo
〔ロイター調査〕米利上げ時期、プライマリーディーラーは2015年後半に傾く
May 6, 2014 / 7:43 PM / in 4 years

〔ロイター調査〕米利上げ時期、プライマリーディーラーは2015年後半に傾く

[6日 ロイター] - ロイターが行った調査によると、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ開始時期について、従来の2015年前半との見方が後退しつつあり、プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)の間では足元、15年後半との見方が多くなっている。

2015年後半の利上げを見込むのは、プライマリーディーラー20社中12社となった。前回4月雇用統計発表後に行った調査では、16社中7社が15年前半の利上げを見込んでいた。

一方、米欧のエコノミスト69人を対象にした調査では、15年前半の利上げ予想が35人、15年後半は34人と、見方が分かれた。

労働市場に改善がうかがえることは間違いないものの、失業率の大幅な改善は労働参加率の低下によるものではないかとの見方が払しょくされておらず、正規雇用を求めるパートタイム労働者の数を見ても、労働市場の緩みは依然として解消されていない。

みずほ証券の米国首席エコノミスト、スティーブン・リチュート氏は、第1・四半期の国内総生産(GDP)が0.1%の成長にとどまったことを受け、利上げ時期の予想を年後半にずらしたとした上で「米経済はわれわれが想定してきた成長の流れをやや下回っていることから、インフレの下押し要因となる余剰生産能力は当面、解消されないと予想される」と述べた。

*調査の詳細は をご覧ください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below