Reuters logo
UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、堅調な欧州指標やウクライナ情勢緊迫で
2014年5月6日 / 21:58 / 4年前

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、堅調な欧州指標やウクライナ情勢緊迫で

(内容を追加しました)
    [ニューヨーク 6日 ロイター] - 
 
 
   ドル/円    終値   101.68/70 
           始値   101.64/65 
       前営業日終値   102.14/16 
  
   ユーロ/ドル  終値   1.3926/28
           始値   1.3945/46
       前営業日終値   1.3874/76
 
    
    6日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロと円に対して下落した。欧州の
経済指標が堅調だったことなどからユーロが対ドルで8週間ぶりの高値となったほか、ウ
クライナ東部で政権側と親ロシア派武装集団の衝突が続いているため、安全通貨とされる
円買いの動きも広がった。
    直近のユーロ/ドル は0.39%高の1.3930ドル、ドル/円 は0
.49%安の101.61円。
    主要6通貨に対するドル指数 は一時6カ月余りぶりの安値となる79.06を
つけた後、直近は0.48%安の79.108。
    4月のスペインとイタリアのサービス業購買担当者景気指数(PMI)がいずれも改
善し、ユーロの支援材料になった。ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの通貨ストラ
テジスト、エリック・ビロリア氏は「このデータはユーロ圏の経済活動が持ち直しつつあ
る可能性を示唆し、ユーロにとってプラスになった」と指摘した。
    
    一方で3月の米貿易収支の赤字額は縮小したが、先週発表された第1・四半期米国内
総生産(GDP)速報値の推計をやや上回った。シティFXのG10FX戦略グローバル
責任者、スティーブン・イングランダー氏は、貿易赤字額は第1・四半期GDPに織り込
まれていた数字よりも大きかったとしている。
    またイングランダー氏は、明るい内容だった2日の4月米雇用統計に対するドルの反
応の弱さが、ドル相場が立ち直ることができない現状を表しているとの見方を示した上で
「ドルを押し上げる好材料のハードルは相当高くなっているように見受けられる」と述べ
た。
    4月の米非農業部門雇用者数は予想以上の大幅増で失業率は5年半ぶりの低水準とな
ったが、ドルの上昇は長続きしなかった。
    ウクライナ情勢の緊迫に加えて、この日は米国株が下落したことも円高につながった
。
    ドルはロシアルーブルに対しても下落した。ウェルズ・ファーゴのビロリア氏による
と、4月のロシアの物価上昇率が加速して中央銀行が利上げする可能性が強まったという
。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below