Reuters logo
UPDATE 1-今日の株式見通し=続落、連休中の米株安・円高を嫌気
2014年5月6日 / 23:33 / 4年前

UPDATE 1-今日の株式見通し=続落、連休中の米株安・円高を嫌気

(内容を追加して更新します)
    [東京 7日 ロイター] - 
                前営業日終値        年初来高値        年初来安値
 日経平均               14457.51            16164.01          13885.11
                -27.62              2014年1月6日      2014年4月11日
 シカゴ日経平均先物6月限   14240(円建て)                       
 
    きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落となりそうだ。国内の連休中に米国株
が下落、為替は円高方向に振れている。外部環境の悪化を背景に朝方から幅広い銘柄に売
りが先行するとみられる。売り一巡後は為替にらみの展開となり、短期筋の先物売買に左
右されやすい。好業績株の個別物色にとどまり、全体は反発力に乏しいと予想される。
    
    日経平均の予想レンジは1万4150円─1万4350円。
    
    国内連休中の米国株市場は、4月米雇用統計が予想を上回ったものの、ウクライナ情
勢の悪化や一部企業のさえない決算内容が投資家心理を冷まし、軟調な展開となった。外
為市場では1ドル101円台と円高が進んでいる。シカゴの日経平均先物6月限(円建て
)清算値は1万4240円と大きく下げていることから、朝方は裁定解消売りなども伴い
、幅広い銘柄に売りが先行するとみられる。
    売り一巡後も手がかり材料は乏しい。市場では「為替にらみでポジション調整売りが
出る可能性がある。米ダウ平均が25日移動平均線を割り込んだことで、今晩以降の米国
株は短期調整も意識される」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との
声が出ている。
    物色の中心は個別の好業績株になりそうだ。日本株は消費増税の影響などが懸念され
、年初から先行して売られてきたため、下値余地は限定的との見方もある。
    
    きょうの主なスケジュールは、国内で日銀金融政策決定会合の議事要旨(4月7、8
日分)が発表されるほか、ソフトバンク 、任天堂 などが決算発表を予定
している。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

 (河口浩一)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below