May 9, 2014 / 1:17 PM / 4 years ago

中国、通信料金を自由化 競争促進へ

[北京 9日 ロイター] - 中国工業情報省は9日、通信会社が独自でサービス料金を設定することを認めると発表した。競争を促進するとともに、市場原理の拡大を目指す。10日から実施する。

ウェブサイトに掲載された声明は「すべての通信サービス料金は市場によって管理され、通信企業は具体的な料金の体系や基準、請求方法を独自に設定できる」としている。

中国ではこれまで、政府が通信料金の価格帯を設定していたが、これにより中国移動(チャイナ・モバイル) 、中国連合通信(チャイナ・ユニコム) 、中国電信(チャイナ・テレコム) の3大国有通信会社は、独自の料金設定が可能になる。

携帯電話会社から回線を借りて通信サービスを展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)にも、料金体系の設定において一段の主体性を与える可能性がある。

電子商取引会社アリババ・グループ や京東商城(JDドット・コム) 、家庭器具小売りの蘇寧雲商 などは昨年、MVNO免許を申請している。

アナリストによると、今回の動きは通信業界の規制緩和の一環で、国有通信会社にとっては、成長が見込める地方の低所得者層をターゲットにすることが可能になる。

チャイナ・ユニコムは自由化に関するコメントを拒否。チャイナ・モバイル、チャイナ・テレコムのコメントは現時点で得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below