Reuters logo
再送-米イーベイ、1.45億人のユーザーにパスワード変更を要請 ハッカーによる侵入で
2014年5月22日 / 01:36 / 4年前

再送-米イーベイ、1.45億人のユーザーにパスワード変更を要請 ハッカーによる侵入で

(本文中の表現を一部修正しました)

[ボストン/バンガロール 21日 ロイター] - 米電子商取引イーベイ は3カ月前に起きたハッカーによる侵入で顧客データが危険にさらされたとして、電子商取引プラットフォームのユーザー1億4500万人に対しパスワードの変更を要請した。

同社によると、2月末から3月初めに身元不明のハッカーに電子メールアドレス、暗号化されたパスワード、誕生日や住所などの顧客情報が盗まれた。被害にあったデータには金融関連情報は含まれていなかった。

また傘下の電子決済サービス部門ペイパルの金融やクレジットカード情報への不正アクセスの証拠は見つかっていないという。ペイパルはイーベイとは別にデータを暗号化して保存している。

イーベイによると、ハッカーによる侵入についての調査は警察の援助を受け進行中だという。広報担当のカリ・ラミレス氏は「当面、影響を受けた具体的な顧客数についてはコメントできないが、かなりの数に上る可能性がある」と述べた。

また別の広報担当者アマンダ・ミラー氏は、イーベイがハッカーによる侵入後ただちに顧客に通知しなかった理由について質問されて、「被った危険の性質と程度を正確に完全な形で公表するため積極的にまたできる限りの速さで取り組んだ」と答えた。

ハッカーによる侵入の背後に誰がいるのかとの質問には「今の時点で犯行に及んだ人物について憶測することは控える」とした。

調査アナリストらは、イーベイに落ち度があったかどうか判断する情報が十分でないとした。ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ジル・ルリア氏は「この先重要な問題は、金銭が盗まれたり、不正な活動が行われたかどうかだ。そうでない限り、こういったことは現れては消え、イーベイにとって問題とはならないだろう」との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below