Reuters logo
ECBは金利低下の意向を示すべき=トリシェ前総裁
2014年5月22日 / 09:27 / 4年前

ECBは金利低下の意向を示すべき=トリシェ前総裁

[ウィーン 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ前総裁は、マイナスの預金金利を含め金利低下の意向をECBは示すべきとの見解を示した。

オーストリアの国内紙のインタビューでトリシェ氏は、「低インフレで、ユーロが押し上げられ物価安定への問題が増幅されやすい現状では、一段と踏み込んで、金利を引き下げるべきとのシグナルを送るのは妥当だ。これにはマイナスの預金金利ももちろん含まれる」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below