Reuters logo
トヨタ、世界で46.6万台をリコール ブレーキなどに不具合
2014年5月22日 / 20:23 / 4年前

トヨタ、世界で46.6万台をリコール ブレーキなどに不具合

[デトロイト 22日 ロイター] - トヨタ自動車 は22日、ブレーキの不具合などのため、世界で46万6000台の車両をリコール(無償回収・修理)すると発表した。対象車の大半は米国で販売された車両となる。

リコールの内訳は、2013年型の「レクサスGS」が約1万6000台、2004年─2011年型のミニバン「シエナ」が約45万台。このうち米国で販売された車両は、「レクサスGS」が約1万0500台、「シエナ」が約37万台。

「レクサスGS」は、不具合のため走行中にブレーキが作動する恐れがある。「シエナ」については、冬季に雪を溶かすために道路にまかれる塩により車体の下部に取り付けられているスペアタイヤの留め具が腐食し、タイヤが落下する恐れがある。

トヨタはこれらの不具合による事故や怪我の報告は受けていないとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below