September 19, 2014 / 2:12 AM / 6 years ago

為替こうみる:ドル買いの勢いどこまで続くかが焦点=外為どっとコム総研 石川氏

[東京 19日 ロイター] -

<外為どっとコム総合研究所 研究員 石川久美子氏> 

米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過したので、10月初めの米雇用統計発表まで大きなイベントが見当たらない。ドル/円は、どこまでドル買いの勢いが続くかが焦点になる。

足元ではFOMCメンバーの金利見通しの上方修正をきっかけにドル買いが加速しており、勢いが止まるまで口を開けてみているしかない状況だ。ただ、声明文を冷静に読むとハト派的なところも目立っており、金利見通しの上方修正だけを材料にしてドルを買い続けるにも限界がありそうだ。

とはいえ、日本は追加緩和の思惑が残る上、貿易赤字の問題もあり、円を積極的に買い進めるような地合いでもない。株価が堅調に推移すれば、ドルの利食い売りが出ても下値は限られるのではないか。来週のドル/円は高値圏でもみあいとなるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below