September 29, 2014 / 8:32 AM / 5 years ago

中国の鉄筋・鉄鉱石先物が最安値、供給懸念と連休前の手仕舞いで

[シンガポール 29日 ロイター] - 29日の中国市場で、鉄筋と鉄鉱石の先物価格が最安値を更新した。供給過剰や需要鈍化への懸念がくすぶるなか、今週半ばからの国慶節の連休を前に一部でポジションを手仕舞う動きとなった。

上海先物取引所の鉄筋先物1月渡し は1トン=2519元まで売られ、史上最安値をつけた。終値は2.3%安の同2529元(412ドル)だった。

大連商品取引所の1月渡しの鉄鉱石先物 は同537元まで下げ、同限月の最安値をつけた。終値は3%安の542元だった。

上海の鉄鉱石トレーダーは、「鉄筋と鉄鉱石はともに供給過剰が大きな問題となっている。近く回復する見込みはないだろう」とみている。一部の投資家は連休を前にポジションを減らす、または手仕舞っていたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below