October 14, 2014 / 6:23 AM / 5 years ago

東京株式市場・大引け=大幅続落、2カ月ぶりに1万5000円割れ 米株安を嫌気

[東京 14日 ロイター] - 
 日経平均                                             
 終値                 14936.51                   -364.04
 寄り付き               15036.87                   
 安値/高値              14919.71─15089.9          
                                                                      
 TOPIX                                           
 終値                1214.27                    -28.82
 寄り付き              1221.11                    
 安値/高値             1212.42─1225.31           
                                                                      
 東証出来高(万株)          275132                     
 東証売買代金(億円)        26864.36                   
    
東京株式市場で日経平均は大幅続落。終値では8月8日以来、約2カ月ぶりに1万500
0円を下回り、5日連続安となった。前日の米国株の大幅安や外為市場での円高進行を受
け朝方から売りが先行。下げ幅は一時約380円となり、東証1部上場銘柄の約9割が下
落する全面安となった。TOPIXも5月30日以来、4カ月半ぶりの安値で引けた。
    
    世界経済の先行き不透明感やエボラ出血熱の感染問題への懸念の広がりから、国内連
休中の米国株は大幅安となった。外為市場でもドル/円 は一時106円台まで
ドル安/円高が進行。こうした外部要因を引き継ぎ、東京株式市場は朝方から幅広い銘柄
が売り優勢となった。
    
    日中は売り一巡後に主力株で一部買い戻しの動きも見られたものの、総じて軟調な地
合いが継続。後場に入りドル/円が107円前半でやや弱含みの動きをみせると、先物主
導で売られ、指数は後場一段安となった。
    
    日経平均のきょうの終値は、25日移動平均線(1万5874円37銭=14日)か
ら約6%かい離した水準。市場からは「(25日移動平均線の)かい離率が5%を超えた
ら下げすぎという過去の経験則があるが、外部要因の不透明感が強く、様子見ムードが広
がっている」(光世証券執行役員の西川雅博氏)といった声が出ている。
  
    個別銘柄ではユアテック が反発。10日、2015年3月期業績予想の上方
修正を発表し、材料視された。10日に自社株買いを発表した島忠 や、15年2
月期業績予想の上方修正を発表した松竹 も買われた。
            
    東証1部騰落数は、値上がり131銘柄に対し、値下がりが1672銘柄、変わらず
が29銘柄だった。
    

 (長田善行)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below