Reuters logo
米フィデリティの成長企業ファンド、ハーバーライフ投資を引き下げ
2014年10月23日 / 04:08 / 3年後

米フィデリティの成長企業ファンド、ハーバーライフ投資を引き下げ

[ボストン 22日 ロイター] - 米投資信託のフィデリティ・インベストメンツのフィデリティ・グロース・カンパニー・ファンド は、栄養補助食品販売の米ハーバライフ への投資を引き下げた。ハーバライフの業績が予想を下回り、アクティビストとして知られる著名投資家のアックマン氏がその不正を糾弾する姿勢を強めていることが背景。

同ファンドはスティーブ・ワイマー氏がファンドマネジャーを務め運用資産は410億ドル。ワイマー氏はハーバライフに長年投資しており、2011年には保有上位10銘柄のひとつにもしている。

しかし第3・四半期の運用報告では、ハーバーライフ株が32%下落しファンドの運用成績を最も損なった銘柄とした上で、ハーバーライフへの投資を引き下げたと指摘。売却株数は明らかにしていないが、開示資料によると8月中には73万株を売却し、月末時点の保有を453万株だった。

モーニングスターによると、過去10年間におけるワイマー氏の年平均運用成績は、S&P500種平均を3%超上回る11.73%で、競合ファンドの97%をアウトパフォームしているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below