November 21, 2014 / 12:16 PM / 3 years ago

ECBマイナス金利、銀行の収益に打撃与える=ドイツ銀幹部

[フランクフルト 21日 ロイター] - ドイツ銀行 のステファン・クラウス最高財務責任者(CFO)は21日、ユーロ圏の銀行は欧州中央銀行(ECB)が導入したマイナス預金金利を受けて顧客から預金手数料を徴収することに尻込みするため、収益が悪影響を受けることになるとの見方を示した。

ECBは6月に中銀預金金利をマイナス0.1%とし、9月にはマイナス0.2%に引き下げた。

クラウスCFOは金融業界のイベントのパネルディスカッションで、「われわれは当面コストを負担するしかなく、銀行がいつまで耐えられるかはわたしには分からない」と述べた。

独コメルツ銀 は前日、大口顧客から預金手数料を徴収することを明らかにしている。

他の各銀行は同様の措置を検討していると表明しているが、実際に大口顧客に手数料を課すと発表した銀行はほとんどいない。

クラウス氏は、顧客にとって、現金を預けるために手数料を支払うという状況を受け入れるのは「心理的に」難しいため、銀行はコスト負担を強いられることになると指摘。マイナス金利が維持される期間が長ければ長いほど、銀行のコスト負担はより困難になると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below