Reuters logo
為替こうみる:資源通貨安、リスクオフの円高にならず=メリル日本証 山田氏
2014年12月1日 / 02:47 / 3年前

為替こうみる:資源通貨安、リスクオフの円高にならず=メリル日本証 山田氏

[東京 1日 ロイター] - <メリルリンチ日本証券 チーフFXストラテジスト 山田修輔氏>

資源価格の下落によるドル高の流れで、豪ドルなど資源国通貨が急落している。ただ、これが世界的なリスクオフにつながり、円高になるとのシナリオは考えにくい。

原油安の背景にあるのは石油輸出国機構(OPEC)の戦略による供給サイドの要因と見られている。資源国のリスク通貨や株式市場、国債が不安定化しないかは注視する必要があるが、これまでのところ需要サイドが弱いわけではない。

ドル高基調の中で、短期的にドル/円にとっても、やや円安要因となる。日本の貿易収支が改善するなら円高要因にもなり得る面もあるが、他方ではインフレが抑制されるため緩和的な金融政策の継続が期待されやすい。リスクセンチメントにプラスとなり、株高を誘発しやすい。

所得移転によって国別の勝者と敗者が明確になる。豪ドルのほか加ドル、ノルウェークローネなど資源国通貨が売られる一方、数四半期単位で見ると、日米欧では個人の消費余力が増し、GDPギャップがタイト化してコアコアCPIの部分にはポジティブになる可能性がある。クロス円では、通貨によって強弱が分かれるだろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below