Reuters logo
NY市場サマリー(10日)
December 10, 2014 / 10:02 PM / 3 years ago

NY市場サマリー(10日)

[10日 ロイター] - 
 (カッコ内は前営業日比、%は利回り)
   ドル/円    終値   117.81/84 
           始値   118.97/98 
       前営業日終値   119.70/72 
  
   ユーロ/ドル  終値   1.2447/49
           始値   1.2385/88
       前営業日終値   1.2373/75
    
  30年債 
    米東部時間15時24分   103*11.00=2.8335%

    10年債 
    米東部時間15時24分    100*23.00=2.1691%

    5年債 
    米東部時間15時23分    99*20.75=1.5738%
    
    2年債 
    米東部時間15時18分    99*27.00=0.5799%
    
  ダウ工業株30種(ドル)      
       終値         17533.15(‐268.05)
       前営業日終値       17801.20(‐51.28)

  ナスダック総合 
     終値         4684.03(‐82.44)
       前営業日終値       4766.47(+25.78)

  S&P総合500種 
     終値         2026.14(‐33.68)
       前営業日終値       2059.82(‐0.49)
    
COMEX金(2月限)(ドル/オンス)   <0#GC:>
         終値    1229.4(‐2.6)
     前営業日終値     1232.0(+37.1)
    
COMEX銀(3月限)(セント/オンス)  <0#SI:> 
         終値    1718.7(+5.3)
        前営業日終値     1713.4(+85.8)
    
北海ブレント原油先物(1月限)(ドル/バレル)  <0#LCO:> 
         終値    64.24(‐2.60)
        前営業日終値    66.84(+0.65)
    
米WTI原油先物(1月限) (ドル/バレル)  <0#CL:>   
         終値    60.94(‐2.88)
        前営業日終値      63.82(+0.77)
    
TR/CC‐CRB指数(ポイント)     
         終値    246.9274(‐4.1330)
       前営業日終値    251.0604(+2.9283)
    
    <為替> ドルが対円で続落した。下落は3営業日連続で、その幅も約3%に達した
。3日間の下落幅としては1年6カ月ぶりの大きさ。ギリシャの政治的混乱や中国景気減
速への懸念により、リスク回避の円買いが継続した。
    ドルはユーロに対しても下落した。ギリシャは政府が大統領選を今月17日に前倒し
することを決めた。緊縮財政をめぐって議会での混乱が予想されるものの、最近のドル急
騰で利益確定売りのドル売りの勢いが勝った。
        
    NY外為市場:[USD/J]     
    
    <債券> 国債価格が上昇。リスク回避の動きが高まり、株・原油価格が下落するな
か、同日実施された210億ドルの10年債リオープン(銘柄統合)入札は旺盛な需要を
集めた。
    バンク・オブ・ノバスコシアの米債取引主任、チャールズ・コミンスキ氏は「債券相
場は引き続き堅調な展開となっている」とし、「米経済情勢よりも、世界的な状況が材料
視されている」と述べた。
    米10年債リオープン入札では、最高落札利回りが2.214%と、2013年6月
以来の低水準となった。応札倍率も2013年3月以来の高水準となる2.97倍だった
。
    
    米金融・債券市場:[US/BJ]
    
    <株式> 主要株価3指数が軒並み1%超下落した。原油安や世界成長懸念から、エ
ネルギー株への売りが膨らんだ。S&P総合500種の下落率は10月13日以来の大き
さとなった。
    エネルギー株は原油安が収益悪化につながるとの懸念が打撃となったほか、年末特有
の税金対策に絡む売り圧力を受けた。石油のエクソン・モービル は3%安だった
。    
    通年の利益見通しを引き下げたファストフードチェーンのヤム・ブランズ は
6.2%下落した。
    会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセール は、四半期決算がアナリスト
予想を上回る増益となり一時買われたが、結局2%安となった。
            
    米国株式市場:[.NJP]    
    
    <金先物> 3日ぶりに小反落。前日までの2日間で40ドル余り上昇したため売り
圧力が強まった。原油相場の下落も売りの流れを後押しした。ただドル売り・ユーロ買い
の進行で、ドル建ての金に割安感が生じたほか、米株相場の下落を受けた安全資産として
の需要も根強く、下げ幅は限定的だった。
    
    NY貴金属:[GOL/XJ]
    
    <米原油先物> 急反落。石油輸出国機構(OPEC)の石油需要予想の引き下げに
加え、米エネルギー情報局(EIA)の週報で原油在庫が増加したことなどで売り優勢に
なった。サウジアラビア石油相が、市場の動向を静観するとの姿勢を改めて示したことも
下押し材料となった。
    
    NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below