December 16, 2014 / 8:57 AM / 4 years ago

BUZZ-〔外為マーケットアイ〕ドル4週間ぶり116円台に下落、リスクオフの流れ続く

[東京 16日 ロイター] -

〔外為マーケットアイ〕

<17:45> ドル4週間ぶり116円台に下落、リスクオフの流れ続く

ドル/円は116.65円付近。急激な原油安に端を発したリスクオフの地合いが継続し、ドルは4週間ぶりに116円台に下落した。ロシア株が約10%と大幅下落する中、欧州主要国の株価が弱含んで推移している。ドルは下落幅を広げ、一時116.55円まで落ち込んだ。

市場では「どれほど調整局面が続くかは、まだ見極めが必要」(国内金融機関)との慎重な見方が多い一方、115円付近では国内投資家の買い意欲が観測されるとして「サポートになり得る」(別の国内金融機関)との声も出ていた。

<14:41> ドル117円前半、下値割れで「調整の深さ探る動き」

ドル/円は117.31円付近。市場では「きょうはいったん下値を割れており、目先は調整がどこまで深いのか、下値を探る動きになりそうだ」(国内金融機関)との見方がある。

ドル/円は今月前半に乗せた120円台からの下落局面で117円半ばが下値のサポートとして意識されてきた。リスクオフの流れが強まった前日の海外時間からきょうの朝方にかけても、117円半ばでドルが反発する場面があったが、午後に株価が下落幅を広げる中でこれを割り込み、一時117.28円まで下押しされた。

原油安によるリスクオフの流れが新興国市場にも及んできていることへの警戒感から「(リスクオフの)広がりが見極められないと、ドルの買い持ち高を大きく傾けにくい」(邦銀)との声が聞かれた。

<13:52> ドル117円半ば、「リスクオフムード継続」との声

ドル/円は117.43円付近。日経平均株価が後場に入って下落幅を拡大した場面ではドル/円も下落し、一時117.29円まで落ち込んだ。薄商いの中で値動きが軽くなっている上、市場では「まだドルが反転する様子はない。全般的にリスクオフのムードが強いままだ」(国内金融機関)との声が出ていた。

<11:42> ドル117円後半、ドル建て借入増で新たな「チャイナリスク」も

ドルは117.77円付近。小幅ながらも神経質な値動き。

日経平均 の前引けは前日比324.48円安となったが、株安のわりにドル/円はしっかり気味。主体は不明だが、ドル買いが流入しているという。

  HSBC/マークイットが発表した12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.5で、前月改定値の50.0から低下し、7カ月ぶりに50を下回った。新規受注指数は49.6に低下。4月以来初めて50を割り込んだ。生産も2カ月連続で50を下回った。

このところのドル高で、ドル建て債務の返済負担が増幅しているが、なかでも中国の負担増が市場の一部で話題となっている。

国際決済銀行(BIS)が7日公表したデータによると、第2・四半期の新興国向け国際融資は中国向けが最大となり、4分の1以上を占めたことが分かった。

中国向け国際融資は同四半期に1兆1000億ドルと、650億ドル以上増加。年初から6月末の累計では約50%拡大した。

中国では景気後退が続く中、「ドル高がさらに進行すれば、返済負担に耐えられない借り手が出てきてもおかしくない」(アナリスト)とされ、新たなチャイナリスクが浮上する可能性があるという。

<10:50> ドル117円後半、中国製造業PMIが7カ月ぶりに50割り込む

HSBC/マークイットが発表した12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.5(前月改定値50.0)と、7カ月ぶりに、景況感拡大と縮小の分かれ目となる50を割り込んだ。

ロイター調査によるエコノミスト予想の中央値は50.0だった。

ドルは同指標の発表直前の117.90円付近から117.73円付近まで下落した。

<10:36> ドル117円後半、119円が重いとの声も

ドルは117.88円付近。薄商いの中、株価にらみで一進一退。

実需勢は、相場環境に応じて年内は必要額のみを手当てする構えだみられている。

一方、ファンド勢の大半は今週末からはクリスマス休暇入りするとされ、「ドル/円を上に持っていこうとするモメンタムはない」(外銀)という。

市場では、きょうから2日間の日程で始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)の内容が予想以上にタカ派的であれば、ドルが120円を試すとの見方も出ていたが、足元では「119円を何度かトライしているが、119円も重い」(同)といい、現状では119円台乗せにはエネルギー不足との声が聞かれた。

<09:25> ドル/円は株価にらみ、前日は日銀短観下振れでも円安進まず

ドルは117.84円付近。前営業日比で250円超安となっている株価をにらみつつ一進一退。早朝の取引では一時118.01円付近まで強含んだ。

ユーロは146.65円付近で小動き。

市場では、前日発表された日銀短観が下振れしたにも関わらず、円売りの流れが続かなかったことで、ドルの下値リスクを警戒する声も出ていた。

短観では、大企業製造業が、大幅な円安・原油安にも関わらず、足もと、先行きともに業況判断が低下し、全体として売上や利益が伸びなかった。

業況では、石油石炭が大幅に悪化し、円安・原油安の恩恵を受けるはずの自動車も業況が7ポイント低下した。

仕入れ価格は引き続き上昇と判断されたが、販売価格の判断は前回のマイナス4から今回はマイナス5に下げ幅が拡大し、企業のインフレ期待が高まらず、採算悪化を余儀なくされていることが確認された。

<08:50> ドル117円後半、ロシア中銀の大幅利上げでルーブルが急伸

ドルは117.83円付近。

117円台では実需や機関投資家のドル買い需要があるとされ、上値の重さが意識されつつも、底堅い展開となっている。

ロシア中銀は主要政策金利を10.5%から17%に引き上げることを決定した。利上げは即日実施。中銀は「著しく増大している通貨ルーブルの下落リスク、及びインフレリスクを抑制する為」に利上げを実施したと説明した。

 ルーブル は15日の取引で、対ドルで約10%安となり、1ドル=67.1375ルーブル付近まで下落した。1日の下落率としてはロシアがデフォルトに陥った1998年以来最大となっていた。

大幅利上げの決定を受け、ルーブルは急伸し1ドル=60ルーブル付近まで買い戻された。

<08:00> ドル117円後半、米原油先物は55ドル前半

ドルは117.85円付近。ユーロは146.62円付近。両通貨ペアともじり高だが上昇に力強さはない。

金融市場で広がるリスクオフの潮流の主因となっている原油価格の下落は、前日も続いた。   15日の米欧石油市場の原油先物相場は、石油輸出国機構(OPEC)事務局長が供給過剰懸念にもかかわらず減産しないとしたことや、アラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー相が価格対策でのOPEC緊急会合を開く必要はないとの認識を示したことを受け、売り圧力が再燃した。

米国産標準油種WTIの1月限は1.90ドル(3.3%)安の1バレル=55.9 1ドルで終了。その後の時間外取引でも下げ幅を拡大し、2009年5月以来の安値となる55.02ドルまで下落した。現在は55.31ドル付近。

外為市場では、「原油価格がここまで下がると、原材料コストが低下するというポジティブな側面より、石油関連企業の信用不安や商品で運用するファンド勢の大幅損失など、不安定要因が懸念される」(外為アナリスト)との声も上がっている。

<07:42> きょうの予想レンジはドル117.30―118.50円、株価と実需動向を注視

ドル/円は117.88円付近、ユーロ/ドルは1.2441ドル付近、ユーロ/円は146.71円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が117.30―118.50円、ユーロ/ドルが1.2390─1.2490ドル、ユーロ/円が146.10―147.40円。

前日は東京市場、海外市場ともリスクオフの流れが続き、円売りポジションの巻き戻しが起きた。

この日の東京市場では、引き続き「株価と実需の動向がカギを握る」(外為アナリスト)とみられている。現状については「ドルが弱いというよりはむしろ、リスクオフの潮流の中で、円売りの巻き戻しが起きている」(同)とされるが、117円台では、実需や円投投資家によるドル買いも散見され、ドルの下支えとなっているという。

 

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

クロス円レート(同)

クロス円の時系列レート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(RTFX)

スポットレート(日銀公表)

為替関連ニュース

外為市場リポート[JPY/J]

外為マーケットアイ[JPY/JU]

焦点・アングル・特集 

クロスマーケットアイ[.JPCM]

主要国の経済指標発表予定と予想一覧

主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

速報ニュース[AA][AA-RS]

財政・金融政策の当局者発言ニュース

規制・監督関連ニュース

ファンド関連ニュース

欧州市場サマリー

NY市場サマリー

世界の主要株価指数

外国為替・マネー総合メニュー

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below