Reuters logo
原油安続くなら、「根雪」の円ショートが溶け出すリスクも=今週の外為市場
2014年12月21日 / 23:22 / 3年後

原油安続くなら、「根雪」の円ショートが溶け出すリスクも=今週の外為市場

[東京 22日 ロイター] - 原油安に端を発する金融・商品市場の不安定に配慮して、今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、市場の不安を煽らない工夫がなされた。しかし、年末・年始で流動性が細る中、原油安が一段と進行したり、新興国市場が何らかのショックに見舞われれば、ドル高トレンドが顕著になる公算が大きい。

ただし、「根雪」のように円売りポジションが堆積しているドル/円では、ショックで根雪の一部が溶解し、円高が進むリスクも潜んでいる。

<ドル/円はドル高トレンドの蚊帳の外にも>

過去の歴史を振り返れば、市場の不安が増幅すると、過剰に膨らんだポジションが巻き戻されている。外為市場で目下その蓋然性が最も高いのは円のショート・ポジションだ。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表した国際通貨市場(IMM)の非商業(投機)部門の取組(12月16日までの週)による主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する投機筋のドル買い越しの規模では、円ショートとユーロショートの存在感が顕著だ。

原油安に端を発したリスクオフの流れがあって、円ショートは8万6927枚と、前の週の10万4136枚から減少したものの、ユーロショートの12万6655枚(前の週は13万6912枚)の次に規模が大きい。その後のドル買戻し局面では「再び円ショートが積み上がっている可能性が高い」(国内金融機関)という。

IMMで把握しうるものは、投機的なポジションのごく一部とされるが、ユーロについては、「見かけほどショートは溜まっていない」と複数の市場関係者は指摘する。

なぜなら、今年半ばから始まったユーロ安は、下落と反発を繰り返しながら進行してきており、このようなプロセスを経ていれば、一方的なポジションの偏りはできにくいからだ。

他方、アベノミクス下の奇襲金融緩和が推進力となった円売りは一方的で、ポジションが解消される前に新たなポジションが積み増されるという、雪だるま式の膨張を遂げてきた。

「根雪のように積み重なった円売りポジションが一度も解消されずに、(ドルが)130円、140円を目指すとは考えにくい」(国内ファンドマネージャー)という。

今後、ロシア、中国、他の新興国などで何らかのショックが起きれば、ドルが全般に買われる余地が大きいが、根雪が積もったドル/円では、方向感が出ずボラティリティのみ大きい展開や、根雪が一部溶解して円高が進む展開も予想される。

<ロシア、新興国>

 

今回の市場の不安定の元となっている原油相場の軟調地合いは継続しそうだ。

原油の下落は、「過去数年の金融・商品バブルのツケだけではなく、世界的な需要減退の現れであって、一時的なものとは到底思えない」(前出のファンド・マネージャー)という。

市場が不安視するロシアでは複合的要因が経済のかじ取りを困難にしている。

「経済制裁で外貨繰りが苦しくなっているところへ、原油安と輸出先の縮小で外貨収入が減り、マイナス成長予想のもとでルーブルの信任が低下し、さらに米国のドル高容認策で新興市場のマネーが米国に逆流している」とグローバル・エコノミストの斎藤満氏は分析する。

そのなかで来年末までに償還すべき外貨建て債務が1300億ドル以上あるので、当該企業は必死にドルを手当てしている。

「ロシアだけでなく、ベネズエラ、メキシコ、そして中国になんらかのショックが発生すれば、米国も利上げにそう簡単にはたどり着けない可能性がある」と斎藤氏は予測する。

<市場の不安を煽らない配慮をみせたFOMC>

17日のFOMC声明文では、ロシア経済や原油安、ドル高についてはあえて触れなかった。イエレン議長は、利上げの決定には「忍耐強い」アプローチをとるが、経済状況を踏まえて対応すると表明した。結果的に、来年6―9月の米利上げ開始を織り込んでいた市場の予想に影響はなかった。

ただ、9月段階での2015年末のFF金利見通しは1.375%だったが、今回はそれを1.125%へと下方修正し、「利上げの継続性に対して、弱気になっていることがみてとれる」(三井住友銀行チーフストラテジスト、宇野大介氏)。

22日から始まる週において、ドル/円の予想レンジは、115.50―120.25円。ユーロ/ドルの予想レンジは、1.2100―1.2350ドル。

市場が注目する経済指標は、国内では26日の消費者物価指数、鉱工業生産。海外では22日のシカゴ地区連銀全米活動指数、23日の米第3四半期GDP確報値、米コアPCE価格指数確報値、ミシガン大消費者信頼感指数(12月分)など。

為替マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below