December 24, 2014 / 12:16 PM / 4 years ago

UPDATE 1-ロシア中銀、国内企業に国際決済通貨を融資へ 借り換え支援

(内容を追加しました)

[モスクワ 24日 ロイター] - ロシア中央銀行は24日、国内大手企業に対し海外融資を担保としてハードカレンシー(国際決済通貨)の貸し出しを開始すると発表した。外貨建て債務の借り換えを支援する狙いがある。

金融機関を含むロシアの国営・民間企業は6000億ドルの外貨建て債務を抱えており、来年中に1000億ドルが返済期限を迎える。しかしロシア企業は米欧の制裁によって国際資本市場での資金調達が困難になっているほか、ルーブルの急落も相まって返済能力が低下している。

中銀は声明で「国際資本市場の利用が制限されている輸出企業に対し、近い将来に期限を迎える外貨建て融資の借り換えを支援することが目的だ」と説明した。

またルーブル相場を落ち着かせ経済のファンダメンタルズに沿った水準に戻す狙いもあるとしている。

融資の期間は最長1年。金利は入札で決定し、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に0.75%上乗せした水準が最低水準となる。

大手企業への貸し出しにより、ロシアは事実上、貸出先の信用リスクを引き受けることになる。今回の発表前に格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、同国の発行体格付けを引き下げ方向で見直すと発表しており、「財政上の柔軟性が急速に低下した場合」は来年1月中旬にも投機的等級に格下げする可能性があるとしている。

ロシアの対外公的債務は最低限の水準にとどまっているが、州政府や民間企業、銀行の対外債務は6000億ドルに上ると推定されている。このうち1000億ドル程度が2015年に返済期限を迎えるという。

欧米による経済制裁の影響で同国の銀行や企業は西側での資金調達が実質的に不可能となり、債務返済および借り換え能力は今年著しく低下した。これに、同国が依存する原油価格の下落が追い打ちをかけた状態となっている。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは23日、ロシアの国内総生産(GDP)は2015年に5.5%減、16年に3%減になるとの見通しを公表した。

ロシアの主要輸出品である原油の価格は、6月の年初来高値からおよそ半値にまで急落。同国政府がルーブル防衛のための大規模な外貨売り介入を実施したことに伴い、外貨準備は4140億ドル程度と、年初の5100億ドルから減少している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below