December 25, 2014 / 6:22 AM / 5 years ago

〔金利マーケットアイ〕国債先物は続伸、長期金利0.310%と過去最低更新

[東京 25日 ロイター] - 〔金利マーケットアイ〕

<15:12> 国債先物は続伸、長期金利0.310%と過去最低更新

長期国債先物は続伸。前場は高値警戒感がくすぶり、短期筋からの利益確定売りが先行。後場に入ると、2年債入札後、年末へ向けての需給の引き締まりが意識されこれまでの高値147円77銭をあっさり上回り、中心限月ベースで過去最高値を更新した。現物債は超長期/長期ゾーンがしっかり。長期金利が過去最低利回りを更新したほか、超長期ゾーンの利回りも2013年4月以来の低水準で推移した。年金勢や一部銀行勢などのニーズが観測されていた。新発2年利付国債の入札結果は、平均落札利回りがマイナス0.0030%と中長期債で初めてマイナス水準を記録した。入札そのものは無難との評価だった。既発債の2年債利回りは、新発債にサヤ寄せする展開で金利のマイナス幅を若干縮小させた。もっとも、クリスマスで主要な海外市場が休場となるため、動きにくい市場参加者が多くなり、出来高には厚みを欠いた。黒田東彦日銀総裁の日本経団連審議員会での講演内容は材料視されなかった。

長期国債先物中心限月3月限の大引けは、前営業日比10銭高の147円83銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は同2bp低下の0.310%。

<13:40> 国債先物が過去最高値を更新、長期金利一時過去最低に並ぶ

国債先物が中心限月ベースで過去最高値を更新。足元の中心限月3月限は、前営業日比7銭高の147円80銭近辺で推移している。これまでの高値147円77銭をあっさり上回った。現物債も10年336回債利回り(長期金利)が過去最低の0.315%に一時並んだ。市場では「2年債入札を無難に終えたことで、年内の入札がなく、26日、29日にも想定されている日銀オペに市場参加者の目が向いている。需給のひっ迫を反映して上値を追っている状況だ」(国内金融機関)との見方が出ていた。

<12:58> 2年国債入札結果は無難、中長期債で初のマイナス水準の落札

財務省が午後0時45分に発表した新発2年利付国債の入札結果で、平均落札利回りがマイナス水準となった。入札結果によると、平均落札利回りがマイナス0.0030%と中長期債で初めてマイナス水準を記録した。最高落札利回りはゼロ%だった。

市場では「入札前取引がマイナス金利で推移していたため、マイナス水準での落札は想定できた。日銀の大規模買い入れによる極端な需給のひっ迫が国庫短期証券だけでなく、中期ゾーンに波及した格好」(国内金融機関)との見方が出ていた。

入札結果については「無難。一部にショートカバー・ニーズがみられたもようだ」(SMBC日興証券・シニアクオンツアナリストの山田聡氏)との声が出ている。

<11:15> 翌日物0.067─0.068%中心、ユーロ円金先は閑散小動き 

25日午前の短期金融市場では、無担保コール翌日物は0.067─0.068%中心での取引。主な取り手は地銀、信託。大手行が0.065%ビッドでのスタートになったため、中心レートがやや高めになった。レポGCレートが高止まりしていることが影響したとみられている。ユーロ円3カ月金利先物は閑散小動き。

<11:09> 国債先物が小幅続伸で前引け、長期金利0.325%に低下

国債先物は小幅続伸で午前の取引を終えた。高値警戒感がくすぶり、短期筋からの利益確定売りが先行。中盤以降は好需給が続く中、株安を手掛かりとした買い戻しが入り底堅く推移した。現物債は超長期/長期ゾーンがしっかり。特に超長期ゾーンの利回りは2013年4月以来の低水準で推移した。年金勢や一部銀行勢などのニーズが観測されていた。もっとも、25日がクリスマスで主要な海外市場が休場となるため、動きにくい市場参加者が多くなった。新発2年利付国債の入札では、落札利回りが中長期債で初めてマイナス水準になるとの見方が出ていた。

長期国債先物中心限月3月限の前引けは、前営業日比1銭高の147円74銭。10年336回債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp低下の0.325%。

<10:45> 超長期債しっかり、利回りは昨年4月以来の低水準

超長期ゾーンがしっかり。20年151回債利回りは前営業日比1bp低い1.075%と2013年4月5日以来、30年45回債利回りは同1bp低い1.270%と2013年4月8日以来の各低水準で推移。市場では「日銀オペを手掛かりにした需要が続いている。他の年限との比較から少しでも利回りのある超長期ゾーンに対して年金勢や一部銀行勢などのニーズがみられるようだ」(外資系証券)との見方が出ている。

<10:31> 新発2年債入札通告、中長期債で初のマイナス水準の落札か

財務省は新発2年利付国債(1月債)の入札を通告した。クーポンは0.1%で12月債から据え置かれた。入札では、落札利回りが中長期債で初めてマイナス水準になるとの声が出ている。足元の入札前取引ではマイナス0.005%ビッド、マイナス0.020%オファーの気配。市場では「入札前取引でレートがマイナス水準にあるため、落札利回りが過去最低を更新し、国庫短期証券と同様にマイナス水準になる可能性が極めて高い」(国内証券)との見方が示されていた。2年347回債利回りはマイナス0.030%で推移。

<09:35> 現物債は動意薄、クリスマス休場を意識

現物債は動意薄。午前9時半現在、セカンダリー・マーケットでは出合いがみられない。市場では「25日の主要な海外市場がクリスマスで休場となるため、市場参加者の動きは鈍い。2年利付国債の入札を控えているが、材料面でも手掛かりが乏しいことも影響している」(国内金融機関)との指摘がみられた。

日銀が25日公表した議事要旨によると、11月18─19日に開かれた金融政策決定会合では、多くの委員がエネルギー価格の下落について、今後しばらく消費者物価の下押し圧力として働くと指摘していたことが明らかになった。市場では「10月末の会合で追加緩和を決めているため、11月の会合内容を注目していたが、ヘッドライン・ベースでは新鮮味はない。個人的には1人の委員がQQE拡大後の不均衡蓄積リスクに触れたことは興味を引いた」(国内証券)との声が聞かれた。

<08:47> 国債先物は小反落で始まる、利益確定売り先行

長期国債先物は小反落で取引を始めた。3月限の寄り付きは前営業日比4銭安の147円69銭。市場では「高値への警戒感がある中、短期筋からの利益確定売りが先行。ただ、前日同様に日銀大規模買い入れが意識されるため、需給面から買い戻しも想定され、底堅さをみせるだろう」(国内証券)との見方が出ていた。また、25日がクリスマスで主要な海外市場が休場となるため、動きにくい面があるとの声も聞かれた。

<08:34> 翌日物0.067─0.068%中心、大手行0.065%ビッド

無担保コール翌日物は0.067─0.068%近辺を中心に取引されている。主な取り手は地銀、信託。大手行は0.065%ビッド。市場では「大手行が0.065%ビッドでのスタートになったため、中心レートはやや高め。レポGCレートが高止まりしている影響がみられるようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は179兆7000億円程度、準備預金残高は131兆1000億円程度となる見込み。

<07:21> 翌日物は0.065%前後が中心、当預残は過去最高179.7兆円見込み

無担保コール翌日物は0.065%前後を中心に取引されそうだ。日銀当座預金残高は22日の過去最高(179兆1900億円)を更新するとみられている。ただ、レポGCレートが高止まりしている影響を受けて、資金調達意欲がややしっかりと示される可能性がある。「24日と同様に、大手行が0.065%付近で調達意欲を示してくるようだと、地銀・信託は0.066─0.067%付近と水準を切り上げて調達してくるのではないか」(国内金融機関)という。

24日の加重平均金利(速報ベース)は、前営業日比0.001%高い0.067%だった。

日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は24日に比べて1兆2000億円増の179兆7000億円程度になる見込み。残り所要積立額は2100億円。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below